過去の記事一覧

  • 緑茶と紅茶と烏龍茶の画像

    「緑茶」と「紅茶」と「烏龍茶」の違い

    緑茶も紅茶も烏龍茶も、全てバキ科のチャノキ(学名:カメリアシネンシス)が原料であるが、茶葉を製法する際の発酵度の違いで、緑茶、紅茶、烏龍茶に分かれ、味や香り、栄養成分に違いが出てくる。 緑茶は、摘んだ茶葉をすぐに蒸…
  • 複雑な生い立ちの画像

    「生い立ち」と「育ち」の違い

    生い立ちは、「壮絶な生い立ち」「不幸な生い立ち」「生い立ちムービー」など、どのように育ったかという、成長の過程そのもの、経歴を表す。 育ちは、「田舎育ち」「温室育ち」「育ちが悪い」など、どのような環境で育ったかとい…
  • 堤防が決壊し川の水が氾濫する画像

    「氾濫」と「決壊」の違い

    氾濫も決壊も、大雨などで起こるものだが、表す状態に違いがある。 氾濫は、雨などによって水があふれかえること。 決壊は、堤防やダムなどが切れて崩れることをいう。 大雨で堤防が決壊し、川の水が氾濫することはある…
  • 成長する子供と生長する草の画像

    「成長」と「生長」の違い

    成長は、「成長期の子供」「成長した犬」「成長株」「高度経済成長」など、人や動物が育って大きくなる意味のほか、物事の規模や内容が大きくなることも表す。 生長は、「稲の生長」「樹木の成長」など、植物が育って大きくなることを…
  • 夏季休暇を使ってバカンスの画像

    「夏季休暇」と「夏期休暇」の違い

    夏季とは、夏の季節のことで、季節が中心にある言葉。 「夏季オリンピック」「夏季限定メニュー」など、夏だからこそ行われることには「夏季」が使われる。 夏期とは、夏の期間のことで、期間が中心にある言葉。 「夏期講習…
  • 眼の画像

    「目」と「まなこ(眼)」と「瞳」の違い

    目は、物を見る働きをする視覚器官をいう一般的な言葉。 眼球のみならず、まぶたや目尻など眼球の周囲も含んでいることが多い。 まなこ(眼)は、「目の子」の意味で、本来は黒目(瞳孔)のみを指した。 現代では「目」と同…
  • 想いを馳せる画像

    「思う」と「想う」の違い

    「おもう」を漢字で書く際、多くの場合は「思う」を用い、特に感情を込めた表現には「想う」を用いる。 「思う」と「想う」の漢字の成り立ちを見ても、このような違い・使い分けがわかる。 「思」の「田」の部分は幼児の脳の形…
ページ上部へ戻る