カテゴリー:言葉

  • 崖を飛び越える画像

    「越える」と「超える」の違い

    越えるは、物の上や障害、境界などを通り過ぎて向こうへ行くことや、時を経過することを表す際に用いる。 物の上や障害、境界などを通り過ぎる意味では、「頭上を越える」「ハードルを越える」「国境を越える」など。 時を経過する…
  • 交代する画像

    「交代」と「交替」の違い

    交代と交替は、役目や位置などを入れかえること、また、入れかわることで、同じ意味を表す言葉である。 次のような漢字の使い分け方があるにはあるが、同音異義語ではないため、必ずその通りとは限らない。 一般に、交代は「世…
  • 永い時間働く人の画像

    「長い」と「永い」の違い

    ながいの漢字「長い」と「永い」の使い分けは、まず、時間のことなのか、時間以外のことなのかで分けられる。 「長い髪」「長い道」など、空間的に端から端までの隔たりが大きいことや、「気が長い」「長い目で見る」「息の長い」…
  • 部下に指示する画像

    「指示」と「指図」と「指導」の違い

    指示と指図は、物事のやり方、仕事の段取りなどを言いつけ、人を動かすことで、意味としては同じだが、ニュアンスに違いがある。 指示は「上司の指示を仰ぐ」「的確な指示を与える」など、物事のやり方を指し示すといった事務的な…
  • カラフルな羽根の画像

    「羽」と「羽根」の違い

    鳥類学では「羽」と「羽根」を使い分けておらず、全て「羽」と表記するが、一般には「羽」と「羽根」の表記は使い分けされている。 「羽」と書くのは、鳥の全身を覆う軽い毛、鳥や昆虫が飛ぶための器官(昆虫の場合は「翅」とも書…
  • 記入する画像

    「記入」と「記載」と「記述」の違い

    記入とは、所定の場所などに文字や数字を書き入れること。 記載とは、書類・書物などに記し載せること。 記述とは、文章にして書き記すこと。 記入が記載や記述と異なる点は、書き入れるという行為のみを表すところにある。…
  • 存在を見つける画像

    「有る」と「在る」と「或る」の違い

    有るは、「財産が有る」「貫禄が有る」「有りがち」など、「持っている」「備わる」「含まれる」といった「所有」の意味で用い、反対語は「無い」である。 また、「有り得ない」「有り難い」など、「起こる」という意味でも用いる。 …
  1. 神父の画像
    神父と牧師の一番の違いは、キリスト教の教派による違い。 神父は、カトリック教会や正教会(ギリシャ正…
  2. ひまわりの画像
    真夏と盛夏と盛暑は、夏の暑い盛りを表す言葉である。 最も一般的な表現で、日常会話でも使われるのが「…
  3. フランベで顔まで焼く画像
    本来、焼くは火を食品に直接当てて加熱することを意味した。 最も原始的な加熱調理法であるため、火を通…
  4. 寝る・眠るカンガルーの画像
    寝るは眠りにつくことを意味し、寝るも眠るも「睡眠」を表す言葉であるが、「立ったまま寝てしまった」とい…
  5. 刺身の盛り合わせ画像
    刺身は、魚・貝・肉などを生のまま薄く切り、醤油やわさびなどをつけて食べる料理。 元々は、「切り身」…
  1. つとめる画像
    努めるは、勉学に努める、サービス向上に努める、ダイエットに努めるなど、努力すること、力を尽くして行う…
  2. 富嶽三十六景富士山画像
    国名「日本」の読み方には、「ニホン」と「ニッポン」がある。 昭和9年に正式な呼称を「ニッポン」とす…
  3. 通勤風景の画像
    サラリーマンは、「salary(給料)」と「man(男)」を繋げた和製英語で、特定の仕事に従事する給…
ページ上部へ戻る