カテゴリー:動物

  • 寝るアシカの画像

    「アシカ」と「アザラシ」と「セイウチ」の違い

    アシカとアザラシとセイウチは、いずれもヒレのような脚を持っていることから「鰭脚類(鰭脚目)」に分類される海生哺乳類である。 同じ鰭脚類でも、アシカはアシカ科、アザラシはアザラシ科、セイウチはセイウチ科で、下位分類では別…
  • マナティーの画像

    「ジュゴン」と「マナティー」の違い

    海牛目(かいぎゅうもく)もしくはジュゴン目に分類される海生哺乳動物は、ジュゴン科とマナティー科の2科に分かれる。 両者は一見すると似ているが、見分け方はそれほど難しくない。 ジュゴンとマナティーの違いを一目で見分…
  • イヌワシの画像

    「鷹(タカ)」と「鷲(ワシ)」と「鳶(トビ)」の違い

    鷹(タカ)と鷲(ワシ)と鳶(トビ・トンビ)は、全てタカ目タカ科の鳥で、見分け方が難しい。 一般的な分類としては、タカ科の中で比較的大きく、尾は短く、足が太い種類を「ワシ」。 比較的小さく、足と尾が長く、翼が丸い種…
  • フクロウ科ミミズクの画像

    「フクロウ」と「ミミズク」の違い

    フクロウもミミズクも、クロウ目フクロウ科の鳥で、生物学的には同じ種別である。 一般には、羽角のある種を総称して「ミミズク」と呼び、ミミズクを除くものを総称して「フクロウ」と呼ぶ。 羽角は頭の左右にある一対の羽毛の束で…
  • 「トナカイ」と「鹿」の違い

    日本で単に「鹿」という時は、シカ科シカ属のニホンジカを指す。 トナカイもシカ科の動物で鹿の仲間に違いはないが、トナカイ1種のみのトナカイ属に分類される。 鹿とトナカイの違いは、角の生え方にある。 鹿は基本的にオ…
  • 松葉ガニと越前ガニの画像

    「ズワイガニ」と「松葉ガニ」と「越前ガニ」の違い

    一般に流通しているズワイガニには、ズワイガニ(別名:本ズワイガニ)・オオズワイガニ・ベニズワイガニがあり、ズワイガニ(本ズワイガニ)が最も一般的である。 松葉ガニや越前ガニは、そのズワイガニ(本ズワイガニ)を水揚げ産地…
  • うなぎの画像

    「うなぎ」と「あなご」の違い

    うなぎもあなごも、同じウナギ目に属するが、うなぎはウナギ科、あなごはアナゴ科の魚で、生態・見た目・栄養・味にも違いがある。 うなぎとあなごの生態の違い。 あなごは一生を海で過ごす海水魚だが、うなぎは海で産卵し、孵…
  1. 長崎原爆のキノコ雲画像
    人類史上、実戦で核兵器が使用されたのは、1945年8月6日に広島へ投下された原子爆弾(以下、「原爆」…
  2. 誤り箇所を指摘する画像
    修正と訂正は、共に改め直すことを意味するが、使える範囲や印象に違いがある。 修正は、間違いや不…
  3. 苦情・クレーム・文句・抗議の電話をする人の画像
    苦情は「苦しい事情」と書くように、元々は「難儀な事情」を意味した言葉。 転じて、害を受けていること…
  4. 意外なことに驚く画像
    「案外」も「意外」も「存外」も「思いの外(ほか)」も、予想していたことと実情が違っていた様子を表す言…
  5. 十分に注がれ溢れそうな画像
    元々、日本では「十分」が使われており、「充足」や「充実」などの言葉の意味から、「充分」の表記もされる…
  1. 日本の美意識わびさびの画像
    わびとさびは、日本独特の美意識を表す言葉で、「わびさび」とひと言で言うことも多いが、本来は異なる概念…
  2. 朝と夕方の画像
    朝令暮改は、朝出した命令が夕方には改められるという意味で、命令や法律・方針が一貫せず、頻繁に変更され…
  3. テロの画像
    テロは、「テロリズム(terrorism)」やドイツ語「テロル(Terror)」の略で、政治的主張を…
ページ上部へ戻る