カテゴリー:料理用語

  • 会席料理の画像

    「本膳料理」と「懐石料理」と「会席料理」の違い

    本膳料理は、正式な日本料理の膳立てで、室町時代に武家の礼法をもとに確立し、江戸時代に発展したが、明治時代以降に廃れ、現在では、冠婚葬祭などに用いる儀式料理に残る程度である。 食事をとる行為自体に、儀式的な意味合いを強く…
  • コンソメスープの画像

    「ブイヨン」と「コンソメ」と「鶏ガラスープ」の違い

    ブイヨン(bouillon)は、フランス語で「だし汁」を意味する。 肉や骨、魚類、野菜、香辛料などを長時間煮込んで作る煮出し汁で、スープやソースの素にするもの。 英語でいえば、「スープストック」のことである。 …
  • 食べ放題の画像

    「ビュッフェ」と「バイキング」の違い

    コース料理とは異なり、並んだ料理から好きなものを取って食べる形式・食べ放題のことを、「ビュッフェ(スタイル)」や「バイキング(料理)」と言うが、ビュッフェは食べ放題とは限らず、バイキングは使われる地域が限定される。 …
  • 野菜を調理し料理を作る画像

    「調理」と「料理」の違い

    調理も料理も同じ意味で使われる言葉だが、調理よりも料理の方が意味は広い。 調理には、「物事をととのえる」「調整」といった意味もあるように、食材を加工して、食べやすくする過程。また、その行為を表す。 食材を切る、煮…
  • フランベで顔まで焼く画像

    「焼く」と「炒める」と「炒る」の違い

    本来、焼くは火を食品に直接当てて加熱することを意味した。 最も原始的な加熱調理法であるため、火を通す際の表現として使用される範囲も広く、フライパンや鉄板などの調理器具を使う場合でも用いられるようになっている。 また、…
  • 鍋で茹でる画像

    「茹でる」と「湯がく」と「湯通し」の違い

    茹でるは、熱湯で煮ること。 パスタなどは「湯がく」と言わず「茹でる」と言うように、芯まで火を通す時に使う言葉。 茹でるは「ゆでる」と「うでる」の読みがあるが、「うでる」は「ゆでる」が変化したもので、意味は同じである。…
  1. チョッキ・ベスト・ジレの画像
    チョッキの語源には、「直着」の意味や、フランス語の「jaque」やポルトガル語の「jaqueta」か…
  2. 存在を見つける画像
    有るは、「財産が有る」「貫禄が有る」「有りがち」など、「持っている」「備わる」「含まれる」といった「…
  3. 目の錯覚画像
    幻覚は、対象となるものが実際はないのに、あるように知覚すること。 多くの場合、「幻覚が見える」など…
  4. 書類作成の画像
    行政書士も司法書士も、公的な機関に提出する法律関係の書類作成や申請などを代行する仕事である。 …
  5. 目標火薬田ドンの画像
    目的と目標は、目指すものという意味では同じだが、目的は、最終的に実現しよう、成し遂げよう、到達しよう…
  1. 日本の古い郵便受け画像
    手紙を書く際、冒頭の挨拶として「拝啓」「謹啓」「前略」などの頭語を用い、頭語に対応した「敬具」「敬白…
  2. 木材の画像
    木材と材木は、切断して建築物や製品の材料に用いられる木を指し、置き換え可能な熟語である。 しかし、…
  3. 書類作成の画像
    行政書士も司法書士も、公的な機関に提出する法律関係の書類作成や申請などを代行する仕事である。 …
ページ上部へ戻る