「鷹(タカ)」と「鷲(ワシ)」と「鳶(トビ)」の違い

イヌワシの画像

鷹(タカ)と鷲(ワシ)と鳶(トビ・トンビ)は、全てタカ目タカ科の鳥で、見分け方が難しい。

一般的な分類としては、タカ科の中で比較的大きく、尾は短く、足が太い種類を「ワシ」。
比較的小さく、足と尾が長く、翼が丸い種類を「タカ」と呼んでいる。
タカの全長は50~60cmぐらい、ワシの全長は80~100cmぐらいが目安となる。

しかし、タカとワシを区別する際の大きさは、あくまでも目安で、ワシに分類されるカンムリワシは、全長55cm、翼開長約140cmと小さく、タカに分類クマタカは、全長約75~80cm、翼開長約140~160cmと大きい。
ちなみに、タカは英語で「hawk」、ワシは「eagle」だが、クマタカは「Mountain Hawk-Eagle」である。

トビの大きさはタカぐらいだが、一番大きな特徴は、「ピーヒョロロロ」と鳴き、羽ばたかずに輪を描くように飛ぶことである。
タカやワシは多く生きた動物を捕食するのに対し、トビは小動物や魚の死骸などを食べ、市街地に棲んでゴミも漁るため、「町の掃除屋」といった異名もある。
そのため、同じタカ科でも、タカやワシは高貴な印象、トビは格下で意地汚い印象を持たれている。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「フクロウ」と「ミミズク」の違い
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
トンビの類語・同義語 – 類語同義語辞典
タカ・鷹のことわざ・慣用句 – 故事ことわざ辞典
トビ・鳶のことわざ・慣用句 – 故事ことわざ辞典

関連記事

  1. インターネットでわかる画像
    わかるの漢字には「分かる」「解る」「判る」があるが、常用漢字表に従えば「分かる」が正しく、「解る」と…
  2. 夜の道頓堀画像
    関西は、関東に対して「逢坂の関(現在の滋賀県大津市)」から西を指す名称で、大阪府・京都府・兵庫県・滋…
  3. スケジュール調整の画像
    延期と順延と延長は、予定を先に延ばすことだが、延期は、期日や期限を先に延ばすこと。 順延は、予定し…
  1. 砂・土を掘る犬の画像
    砂は、細かく砕けた岩石の粒で、地質学では粒径2mm以下、16分の1mm以上のものをいう。 サンゴや…
  2. 神室町商店heat店主誕生日会画像
    生誕と誕生は、どちらも「生まれること」を表す言葉であるが、使われる対象や場面に違いがある。 誕…
  3. 打ち合わせの画像
    御社と貴社は、どちらも相手方の会社を敬う言葉。 言葉の意味や相手を敬う度合に違いはないが、両者はき…
  4. ペットボトルを利用した鉢
    使用とは、人・物・システム・場所などを使うこと。 本来の目的、特定の目的で使う際に用いる。 …
  5. 口紅の画像
    口紅は、唇に塗る化粧品で、日本で最も一般的な表現である。 名前の通り、色は紅色が中心であるが、現在…
ページ上部へ戻る