「飲む」と「呑む」の違い

酒を飲む画像

液体には「飲む」、固体には「呑む」といわれることもあるが、飲むと呑むの使い分けは、そこまで単純ではない。

酒は液体だが、「酒を飲む」とも「酒を呑む」とも書き、どちらの表記も正しい。
基本的に、液体は「飲む」を使うが、がぶがぶのむこと表す際には「呑む」を使う。

「蛇が蛙を呑む」というように、固体には「呑む」を使うが、必ず「呑む」を使うわけではない。
ふつうは飲まないようなものを、丸ごとのみ込む場合に「呑む」を使い、固体でも、噛まずに流し込むことが常であるものの場合は、「薬を飲む」のように「飲む」を使う。
なお、薬やお茶は「服む」とも書かれるが、「服する」「服用」の意味から当てたもので、「服む」に「のむ」という読み方はない。

呑むは、次のような比喩的表現にも用いられる。
「雰囲気に呑まれる」「敵を呑む」など、圧倒する、見くびる意味。
「要求を呑む」など、承諾、受け入れの意味。
「涙を呑む」「固唾を呑む」など、表に出さない意味。
「波に呑まれる」など、包み込んで見えなくする意味。
「懐にドスを呑む」など、隠し持つ意味。

ただし、「呑」は表外漢字なので、丸のみであっても比喩的表現であっても、公的文書では「呑む」と書かず、「のむ」か「飲む」と書く。

最近はあまり使われないが、「タバコを喫む(喫煙)」「お茶を喫む(喫茶)」など、「のむ」には「喫む」という表記もある。
常用漢字表に「喫」の字はあるが、「喫む」という訓がないため、「喫む」も「のむ」か「飲む」と書く。

関連記事

  1. 特別史跡五稜郭跡の画像
    遺跡は、貝塚・古墳・集落跡など、過去の人類の営みが残された場所や、昔の建物や歴史的事件があった場所な…
  2. アンドリュージョーンズのうなじ画像
    うなじは、首の後ろの部分。 襟足は、首の後ろ側の髪の生え際。 首筋は「首の筋」と書くため、首の前…
  3. カヌーの画像
    カヌーは、ボートのようにオールを使って後ろ向きに進むのではなく、パドル(櫂)を漕いで前向きに進む小舟…
  1. 酒を飲む画像
    液体には「飲む」、固体には「呑む」といわれることもあるが、飲むと呑むの使い分けは、そこまで単純ではな…
  2. 堤防が決壊し川の水が氾濫する画像
    氾濫も決壊も、大雨などで起こるものだが、表す状態に違いがある。 氾濫は、雨などによって水があふ…
  3. 診察の画像
    検診は、病気であるか否かを調べるために行う検査・診察のこと。 「がん検診」や「歯科検診」など、特定…
  4. 蔵王国定公園の画像
    国立公園は、日本の景勝地の中でも特に傑出した地として、指定された自然公園。 自然公園法に基づき、環…
  5. アメ横の商品画像
    商品は、商売の品物の意味で、売るため品物・販売を目的とした品物のこと。 製品は、製造された品物の意…
ページ上部へ戻る