「風邪」と「インフルエンザ」の違い

高熱を出した子供の画像

風邪は、鼻やのど、気管支など、呼吸器系の粘膜に炎症を起こす症状の総称。
主に、ウイルスの感染によって起こる。
インフルエンザはインフルエンザウイルスに感染して起こる病気で、風邪の一種であるが、普通の風邪(以下、風邪)よりも症状が重く、命にかかわる病気であるため、風邪と区別される。

風邪とインフルエンザは、原因ウイルス・発症時期・症状など、下記のような違いがある。

風邪の原因ウイルスには、ライノウイルス・コロナウイルス・アデノウイルスなど、多くの種類がある。
インフルエンザの原因ウイルスは、インフルエンザウイルスのA型・B型である。
C型インフルエンザウイルスもあるが、普通はA型・B型の中でヒトに感染するものを指し、予防接種のインフルエンザワクチンもA型・B型を対象としている。

風邪は一年を通じてみられる症状だが、インフルエンザは冬季に流行する。
日本では11~12月に流行が始まり、1~3月がインフルエンザのピークとなる。

風邪の主な症状は、のどの痛みや咳、鼻水、鼻づまりなど呼吸器症状が多く、腰痛や関節痛、筋肉痛など全身の疼痛はほとんど無い。
発熱も無い場合があり、あっても通常は37~38度程度の微熱である。

インフルエンザの主な症状は、全身倦怠感や食欲不振などの全身症状が強く現れることで、腰痛や関節痛、筋肉痛など全身の疼痛も強く感じられる。
突然、38度以上の高熱になり、やや遅れて、のどの痛みや咳、鼻水、鼻づまりなどの呼吸器症状が現れる。

症状に違いはあるものの、実際のところは、風邪とインフルエンザを症状だけで鑑別することは難しいため、風邪やインフルエンザにかかったと思ったら、早めに医師に診てもらい、適切な治療を受けたほうがよい。
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
風邪の意味・語源・由来 – 語源由来辞典
インフルエンザの意味・語源・由来 – 語源由来辞典
風邪(かぜ)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
インフルエンザの類語・同義語 – 類語同義語辞典
風邪のことわざ・慣用句 – 故事ことわざ辞典

関連記事

  1. 人と水の性質画像
    性格とは、人や犬・猫などの高等動物にみられる特有の感情や意思の傾向のこと。 また、事物にきわだって…
  2. 目(眼)の画像
    目は眼よりも日常的に使われ、「台風の目」「魚の目」「痛い目」「ひいき目」など、目の形状や働き・機能な…
  3. 連邦議会議事堂の画像
    日本で「ワシントン」いえば、アメリカ合衆国の首都を指すが、アメリカには「ワシントンD.C.」と「ワシ…
  1. カフェラテの画像
    カフェオレ(カフェ・オ・レ)はフランス語から、カフェラテ(カフェ・ラテ)はイタリア語からで、どちらも…
  2. 目的別貯金箱の画像
    節約も倹約も、無駄を省いて切り詰めることを意味するが、対象範囲は異なり、「経費の節約」「電気の節約」…
  3. 金属製の木管楽器画像
    管楽器(吹奏楽器)は、金管楽器と木管楽器に分けられる。 元々は、管体が主にブラス(真鍮)や合金で作…
  4. 酒を飲む画像
    液体には「飲む」、固体には「呑む」といわれることもあるが、飲むと呑むの使い分けは、そこまで単純ではな…
  5. 顔面の怪我の画像
    皮膚のみの比較的小さな損傷を「傷」と言い、骨や筋肉に達する比較的大きな損傷を「怪我」と言うなど、傷と…
ページ上部へ戻る