「預金」と「貯金」と「貯蓄」の違い

郵便貯金と銀行預金の画像

金融機関にお金を預けることを「預金」「貯金」「貯蓄」などと言い、同義に扱われるが、それぞれが表す意味と預ける金融機関に違いがある。

貯金とは、お金を貯めること。
ゆうちょ銀行(郵便局)・農協(農業協同組合)・漁協(漁業協同組合)では「貯金」と呼ばれる。
預金とは、金融機関にお金を預けること。
銀行・信用金庫・信用組合といった民間金融機関のほか、労働金庫では「預金」と呼ばれる。
つまり、ゆうちょ銀行・農協・漁協では「貯金」、それ以外の金融機関では「預金」が使われているのである。
「預貯金」と言う時は、銀行などに預けた「預金」と、ゆうちょ銀行などに預けた「貯金」を合わせたお金を表す。

金融機関によって「預金」と「貯金」の呼称に違いがあるのは、明治初期に銀行や郵便局が作られる過程で、元にした英語に違いがあり、預金は「deposit(デポジット)」から、貯金は「saving(セービング)」からだったためや、銀行は企業のお金を扱うことが多かったため「預金」を使い、郵便貯金は個人のお金を扱うことが多いため「貯金」を使うようになったといわれるが、正確なことはわかっていない。

「預金箱」とは言わず「貯金箱」と言うように、個人が手元で貯めるお金は、普通「貯金」が用いられ、「預金」とは言わない。
つまり、「貯金」はお金を貯める意味として広く用い、「預金」は金融機関に限られた表現になる。
例外として「タンス預金」という言葉があるが、これは「銀行に預ける代わりに家の中で現金を保管する」という意味からであるため、この場合も金融機関に限った表現といえる。

「貯金」よりも更に広い意味となるのが「貯蓄」である。
「預金」や「貯金」という時の対象は「金銭」だが、「貯蓄」という時の対象は「財貨」で、預貯金に限らず、保険の積み立て・有価証券、不動産投資なども含まれる。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「利子」と「利息」と「金利」の違い
「節約」と「倹約」の違い
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
預金(よきん)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
貯金(ちょきん)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
貯蓄(ちょちく)の類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. 怖い墓地の画像
    怖いと恐いは、ともに、悪い結果が予想され、不安である、近寄りたくない、身がすくむ。また、不思議な力が…
  2. 書類作成の画像
    行政書士も司法書士も、公的な機関に提出する法律関係の書類作成や申請などを代行する仕事である。 …
  3. 居眠りの画像
    「居眠り」と「うたた寝」の違いは、体勢の違いである。 居眠りの「居」の字には、「座る」や「そこ…
  1. 4人体制の画像
    体制と態勢と体勢と大勢は、いずれも「たいせい」と読めるが、まったくの同音異義語である。 体制と…
  2. 俳句を詠む人の画像
    俳句と川柳は、共に五・七・五の十七音を定型とした短詩で、江戸時代に連歌から分岐し、娯楽性・遊戯性を高…
  3. 口紅の画像
    口紅は、唇に塗る化粧品で、日本で最も一般的な表現である。 名前の通り、色は紅色が中心であるが、現在…
  4. 海外で活躍する日本のサラリーマン画像
    邦人の「邦」は「国」のことで、邦人は自国の人という意味になる。 日本から見て自国の人は日本人である…
  5. みたらし団子の画像
    団子(だんご)は、うるち米などの穀類の粉を丸めて茹でたり蒸したりしたもの。 餅(もち)は、糯米(も…
ページ上部へ戻る