「雹(ひょう)」と「霰(あられ)」の違い

雹の画像

「雹(ひょう)」も「霰(あられ)」も、空から降ってくる氷の粒だが、一番の違いは大きさにある。
ひょうは直径5mm以上の大きなものをいい、あられは直径5mm未満のものをいう。
世界最大の雹は、1917年に現在の熊谷市に降った直径29.6cmのものとされている。

あられは、雪に近い「雪あられ」と、ひょうに近い「氷あられ」に区別される。
「氷あられ」は「ひょう」と同じ原理で発生する5mm未満のものであるが、「ひょう」と「雪あられ」では発生するメカニズムに違いがある。

ひょうは、積乱雲などの不安定な層の中でできた氷の塊が落ちてくるもの。
氷が雲の中で上昇と下降を繰り返し、溶けたり固まったりしているうちに、付着した水滴が凍結して大きな塊となり重くなる。
上昇気流がその重さを支え切れなくなって、氷の塊として降ってくるのが「ひょう」で、初夏から秋に多く、短時間に局地的に降る。

雪あられは、雪に少量の水滴が付着し落ちてくるもので、白色不透明で柔らかい。
気温が0度前後の初冬や早春に発生しやすく、降雪の前後に降ることが多い。

氷あられは、白色半透明か不透明な氷の粒で硬い。
気温が0度より高い時に積乱雲から降ってくるもので、夕立の降り始めにみられることが多い。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「降雪」と「積雪」と「着雪」の違い
「降水量」と「降雨量」の違い
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
霰(あられ)の類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. 居眠りの画像
    「居眠り」と「うたた寝」の違いは、体勢の違いである。 居眠りの「居」の字には、「座る」や「そこ…
  2. 日本の古い郵便受け画像
    手紙を書く際、冒頭の挨拶として「拝啓」「謹啓」「前略」などの頭語を用い、頭語に対応した「敬具」「敬白…
  3. 日本で単に「鹿」という時は、シカ科シカ属のニホンジカを指す。 トナカイもシカ科の動物で鹿の仲間に違…
  1. 木材の画像
    木材と材木は、切断して建築物や製品の材料に用いられる木を指し、置き換え可能な熟語である。 しかし、…
  2. つとめる画像
    努めるは、勉学に努める、サービス向上に努める、ダイエットに努めるなど、努力すること、力を尽くして行う…
  3. 穴をあける画像
    「あく・あける」の漢字には、「明く・明ける」「開く・開ける」「空く・空ける」がある。 「明く・…
  4. レッドリボンの画像
    HIVは、「Human Immunodeficiency Syndrome」の略で、ヒト免疫不全ウイ…
  5. カフェいいね画像
    「ほめる」の漢字には、「褒める」と「誉める」がある。 「褒める」は常用漢字で、「誉める」は常用漢字…
ページ上部へ戻る