「陶器」と「磁器」の違い

磁器の花瓶画像

陶器と磁器を総称して、「陶磁器」「焼き物」「瀬戸物」「唐津物」などと呼ばれるが、陶器と磁器では製造方法に違いがあるため性質も異なり、比較的簡単に見分けることもできる。

陶器は、主な原料に陶土(粘土)を使い、1100~1300度で焼いたもので、「土物」とも呼ばれる。
十分に焼きが締まらないため、磁器に比べて柔らかく吸水性があるが、普通は、光沢のある釉(うわぐすり)を施すため、水を通すことはない。
また、陶器は熱しにくく冷めにくい(熱伝導率が低い)という特徴がある。
日本の有名な陶器には、美濃焼、瀬戸焼、唐津焼、益子焼、信楽焼、萩焼、萬古焼、備前焼などがある。

磁器は、主な原料に陶石を粉砕した石粉を使い、1300度程度で焼いたもので、「石物」とも呼ばれる。
焼きが締まってガラス化しているため、吸水性はほとんどなく、陶器に比べて硬い。
また、磁器は熱しやすく冷めやすい(熱伝導率が高い)という特徴がある。
日本の有名な磁器には、有田焼(伊万里焼)、九谷焼、砥部焼などがある。

陶器と磁器の見分け方には、色合いや透明度、叩いた時の音、重さなどがある。
陶器よりも磁器の方が透明度が高く、淡い色で透かして光を通さなければ「陶器」、白い色で光を通せば「磁器」。
叩いた時に、鈍い音がすれば「陶器」、金属的な高い音がすれば「磁器」。
厚手で重いものが「陶器」、薄手で軽いものが「磁器」である。
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
陶器(とうき)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
磁器(じき)の類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. 日本の美意識わびさびの画像
    わびとさびは、日本独特の美意識を表す言葉で、「わびさび」とひと言で言うことも多いが、本来は異なる概念…
  2. ゆく年くる年の画像
    「昨年」「去年」「前年」「旧年」は、いずれも今年の前の年を表す言葉だが、場面に応じた使い分けが必要で…
  3. 迎春の画像
    年賀状の冒頭に用いられる賀詞には、「賀正」「迎春」「謹賀新年」「恭賀新年」などがある。 その他にも…
  1. 薬用ハンドクリームの画像
    薬事法では、薬や化粧品を「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の3種類に分類・定義している。 医薬…
  2. 高速道路の画像
    高速道路の休憩施設には、サービスエリア(SA)とパーキングエリア(PA)があり、パーキングエリアより…
  3. 干支の動物画像
    今年の干支を言う際、2106年であれば「申年(さるどし)」、2017年であれば「酉年(とりどし)」と…
  4. 参加する人々の画像
    「参加」「参画」「加入」「加盟」「仲間入り」は、いずれも、ある集まりに加わることをいう。 一員とし…
  5. トラック集団の画像
    トラックは、貨物自動車全般を指し、荷台がフラットになった「平ボディ」、荷台がアルミ製の箱型になった「…
ページ上部へ戻る