「関東の雑煮」と「関西の雑煮」の違い

雑煮の画像

雑煮は、汁の仕立て方や餅の形、具材など、作り方は地域や家庭によって様々で、全国共通の認識としてあるのは、餅に具をあしらった汁物という点ぐらいだが、地域ごとの雑煮を大きく分類すると、東京を中心とした関東風の雑煮と、京都を中心とした関西風の雑煮に分けられる。

関東風の雑煮は、カツオと昆布から取った醤油仕立ての澄まし汁。
餅は、焼いた角餅が入れられる。
これは、武家が中心であったことから、「敵をのす」の意味で、のし餅を切って入れていたことに由来するといわれる。
主な具材は、鶏肉、大根、小松菜、人参、かまぼこなどで、あっさりとした味わいに餅の香ばしさが引き立つ雑煮となっている。

関西風の雑煮は、白味噌を使った味噌仕立ての汁。
餅は、その年を丸く収めるという意味から、焼かずに茹でた丸餅を入れる。
主な具材は、里芋、大根、人参などで、白味噌仕立ての汁と絡み合うような雑煮となっている。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「おしるこ」と「ぜんざい」の違い
「元日」と「元旦」と「正月」の違い
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
雑煮の意味・語源・由来 – 語源由来辞典
雑煮(ぞうに)の類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. はかる画像
    計ると測ると量るは、いずれも「はかる」と読み、「計測」「計量」「測量」という熟語もあるように、計器な…
  2. きのこの傘(笠)画像
    傘も笠も同源で、雨・雪・日光をさえぎるためのもの。 傘は頭上にかざすもので、笠と区別するために「さ…
  3. 香水の画像
    香水は、香料をアルコールで溶かした液体。 化粧品業界では、香料濃度(賦香率)の高い順に、パルファム…
  1. 以下と未満の画像
    以下の「以」は「~より」の意味で、以下は「~より下」を表す。 数学や法律では、基準となる数量を含ん…
  2. 皮革の画像
    皮とは、「手の皮」や「みかんの皮」など、動植物の外表を覆っている膜。 「餃子の皮」や「饅頭の皮」な…
  3. 気仙沼の鮨智の寿司画像
    すしの漢字には「寿司」と「鮨」と「鮓」がある。 最も古い表記は「鮓」で、元々は塩や糟などに漬け…
  4. 福島県五色沼の青沼画像
    池と沼と湖と泉と沢と潟のうち、明らかに他と違うのは「泉」である。 泉は、「出づ水」が語源であるよう…
  5. ピーマンとパプリカは、どちらもナス科トウガラシ属である。 植物学では、それよりも細かく、明確な分類…
ページ上部へ戻る