「関東の雑煮」と「関西の雑煮」の違い

雑煮の画像

雑煮は、汁の仕立て方や餅の形、具材など、作り方は地域や家庭によって様々で、全国共通の認識としてあるのは、餅に具をあしらった汁物という点ぐらいだが、地域ごとの雑煮を大きく分類すると、東京を中心とした関東風の雑煮と、京都を中心とした関西風の雑煮に分けられる。

関東風の雑煮は、カツオと昆布から取った醤油仕立ての澄まし汁。
餅は、焼いた角餅が入れられる。
これは、武家が中心であったことから、「敵をのす」の意味で、のし餅を切って入れていたことに由来するといわれる。
主な具材は、鶏肉、大根、小松菜、人参、かまぼこなどで、あっさりとした味わいに餅の香ばしさが引き立つ雑煮となっている。

関西風の雑煮は、白味噌を使った味噌仕立ての汁。
餅は、その年を丸く収めるという意味から、焼かずに茹でた丸餅を入れる。
主な具材は、里芋、大根、人参などで、白味噌仕立ての汁と絡み合うような雑煮となっている。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「おしるこ」と「ぜんざい」の違い
「元日」と「元旦」と「正月」の違い
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
雑煮の意味・語源・由来 – 語源由来辞典
雑煮(ぞうに)の類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. 高画質テレビの画像
    液晶テレビは、液晶が碁盤の目に並んだパネルを、バックライトと光の三原色であるR(赤)G(緑)B(青)…
  2. お辞儀の画像
    お辞儀は、親愛の気持ちや敬意を表す時に頭を下げて挨拶することで、人間関係を構築する上で基本中の基本と…
  3. オレンジの画像
    オレンジを大きく分けると、スイートオレンジ、サワーオレンジ、マンダリンオレンジに分類され、日本で単に…
  1. 元美脚画像
    一般的には「足」が多く使われるが、人のあしを指す部分によって漢字を使い分ける場合は、足首からつま先の…
  2. UFOを追及する画像
    追求と追及と追究は、いずれも「ついきゅう」と読み、追いかけるという点では共通するが、意味は大きく異な…
  3. マークシート用紙の画像
    OCRとは、「optical character reader」の略。 手書きもしくは印刷された文…
  4. 蔵王国定公園の画像
    国立公園は、日本の景勝地の中でも特に傑出した地として、指定された自然公園。 自然公園法に基づき、環…
  5. 初夏の画像
    陰暦(旧暦)の夏は、4月から6月までを指し、夏の初めである4月を「初夏」、夏の半ばである5月を「仲夏…
ページ上部へ戻る