「重症」と「重傷」の違い

重症患者が搬送された画像

重症は、病気や症状が重いことで、対義語は「軽症」。
重傷は、傷の程度が重いことで、対義語は「軽傷」である。

拳銃で撃たれた場合は、「重症を負う」ではなく「重傷を負う」。
なんらかの症状が重くなった場合は、「重傷になる」ではなく「重症になる」。
比喩的に用いる場合、恋わずらいであれば「相当な重症だ」。
精神的なダメージの大きさを表現するのであれば、意味としては「重症」ではなく「重傷」になるが、「重傷」よりも「痛手」が用いられる。

このように一般には、重症が「病気」で、重傷が「傷」として使われるため、誤解されていることもあるが、重症は「症状」なので病気に限らず、ケガの状態も含めていう。
しかし、重症のうち傷のみを表す場合に、「重傷」が使われるという訳でもない。

消防が救急搬送するのは病人とケガ人で、事故によるケガであっても、消防では「重症」を用いる。
警察は事故でケガ人の状態を見るが、病気を診ることはないので、警察では「重傷」を用いる。
マスコミの事故報道で「全治3カ月の重傷」と言われているのは、警察の発表に基づいたものである。
重症と重傷では、治療に必要とする日数にも違いがあり、重症は消防の定義、重傷は警察が定義している。

消防庁による重症の定義は、傷病の程度が3週間以上の入院を必要とするもの。
入院を必要とするが、重症に至らないものを「中等症」。
入院加療を必要としないものは「軽症」という。

警察による重傷の定義は、命に別状はないが、全治30日以上必要とする深い傷や重いケガのこと。
全治30日未満のケガは「軽傷」という。

関連記事

  1. トレッキングの画像
    登山とトレッキングとハイキングは、それぞれに目的が異なるため、要する時間や道具も異なる。 登山…
  2. 雨をカットする画像
    降水量も降雨量も、地面に浸みこんだり、蒸発したりすることなく、その場につもったと仮定した水の深さのこ…
  3. 特別史跡五稜郭跡の画像
    遺跡は、貝塚・古墳・集落跡など、過去の人類の営みが残された場所や、昔の建物や歴史的事件があった場所な…
  1. 光に映る影の画像
    影は、光が物体に遮られて、光源と反対側に現れる暗い部分。 陰は、物に遮られ、日光や風雨が当たらない…
  2. テロの画像
    テロは、「テロリズム(terrorism)」やドイツ語「テロル(Terror)」の略で、政治的主張を…
  3. 花の匂い画像
    臭いは「くさい」とも読むように、「ゴミの臭い」「下水の臭い」など、不快なものが対象。 「犯罪の臭い…
  4. ヴァンパイアの画像
    吸血鬼は、人の生き血を吸うと伝えられる怪物のことで、英語では「Vampire(ヴァンパイア・バンパイ…
  5. 役員の画像
    取締役は、株主総会で選任され、会社の業務執行に関する意思決定をする者のこと。 会社内部での呼称と合…
ページ上部へ戻る