「醸造酒」と「蒸留酒」と「混成酒」の違い

アルコール飲料の画像

お酒は製造方法によって分類すると、「醸造酒」「蒸留酒」「混成酒」の3種類に分けられる。

醸造酒とは、穀物や果実を酵母によってアルコール発酵させて造った酒のこと。
代表的な醸造酒には、大麦を主な原料とする「ビール」、ブドウを原料とする「ワイン」、白米を原料とする「日本酒」、糯米を原料とする「紹興酒」などがある。
醸造酒のアルコール度数は、一般に蒸留酒よりも低く、最高でも20度程度である。

蒸留酒とは、原料を発酵させた醸造酒をさらに蒸留して造った酒のこと。
大雑把に言えば、ホップなしのビールを蒸留したものがウイスキー、ワインを蒸留したものがブランデー、日本酒を蒸留したものが米焼酎である。
このほか、蒸留酒にはウォッカ・ジン・ラム・テキーラ・泡盛などがある。
酒を加熱し、その蒸気を冷やして液体にすることで、アルコール度数は高くなるため、蒸留酒は醸造酒よりもアルコール度数が高い。
ちなみに、世界一アルコール度数が高いのは、ポーランド原産のウォッカ「スピリタス」で、アルコール度数96度である。

混成酒とは、醸造酒や蒸留酒に、果実や香料・糖分などを加えた再製酒のこと。
主な混成酒には、梅酒・リキュール・ベルモット・薬酒・みりん・白酒がある。
混成酒のアルコール度数は、元となる酒の種類によって異なるため、醸造酒や蒸留酒との比較は難しい。
梅酒のアルコール度数は8~20度、リキュールは15~55度、みりん(本みりん)は12~15度である。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「吟醸酒」と「純米酒」と「本醸造酒」の違い
「紹興酒」と「老酒(ラオチュウ)」の違い
スポンサーリンク

関連記事

  1. バナナを舐める女性の画像
    芭蕉もバナナも、バショウ科バショウ属に分類される大型多年草。 バナナは熱帯性のため、本州の露地では…
  2. スパークリングワインを注ぐ画像
    スパークリングワインは、炭酸ガスを多量に含んだ発泡性のワインのこと。 非発泡性ワインは、スティルワ…
  3. ジョギングの画像
    ウォーキングとジョギングとランニングは、まず「歩く」と「走る」に分けられる。 ウォーキングは、左右…
  1. 容疑者逮捕の瞬間画像
    ニュースなどの報道では、警察から犯罪の疑いをかけられた人を「容疑者」という。 これを司法手続きや法…
  2. ジョギングの画像
    ウォーキングとジョギングとランニングは、まず「歩く」と「走る」に分けられる。 ウォーキングは、左右…
  3. ハイキングの画像
    ハイキングとピクニックと遠足の違いは目的にあり、行く場所が同じであったとしても、目的によって使い分け…
  4. 異常な行動の画像
    異常とは、正常でないこと、通常でないことであり、反対語は「正常」。 異状は、普段とは違った状態、つ…
  5. 重症患者が搬送された画像
    重症は、病気や症状が重いことで、対義語は「軽症」。 重傷は、傷の程度が重いことで、対義語は「軽傷」…
ページ上部へ戻る