「進呈」と「贈呈」と「謹呈」と「献上」の違い

進呈画像

進呈・贈呈・謹呈・献上は、いずれも、人に物を差し上げることを意味する。

進呈と贈呈の使い分け方に、はっきりとしたルールはないが、強いて違いを挙げるとすれば、使われる場面である。
進呈は「粗品進呈」など、軽い気持ちでの受け渡し、形式ばっていない場面で使われ、贈呈は「感謝状の贈呈」など、晴れがましさを伴ったり、形式ばった場面で使われる。

このように、進呈と贈呈は使われやすい場面が異なるため、進呈は「つまらないもので恐縮です」という意味を含み、目下の人から目上の人にに対して使う言葉。
贈呈は「よく頑張ったことを表彰してあげる」という意味を含み、目上の人から目下の人、もしくは同格間で使う言葉といわれることもある。

しかし、結婚披露宴で新郎新婦から両親に贈る花束は、目下から目上であるが、「花束進呈」ではなく「花束贈呈」というように、関係の上下で使い分けられている訳ではない。
進呈も贈呈も、地位・階級・年齢の上下に関係なく、相手を敬って用いる言葉である。

謹呈は、「謹」の字が含まれている通り、つつしんで差し上げることを意味する。
相手に敬意を表すだけでなく、礼儀正しく、かしこまっているさまも表した言葉である。

献上は、自分より上位の相手に物品を差し上げること。
上位といっても、上司や親など身近な相手ではなく、天皇陛下や皇族などの皇室、総理大臣や大統領など、自分よりはるかに上位の相手に物品を差し上げる際に用いる。

関連記事

  1. 刺身の盛り合わせ画像
    刺身は、魚・貝・肉などを生のまま薄く切り、醤油やわさびなどをつけて食べる料理。 元々は、「切り身」…
  2. 手術の画像
    「形成外科」を以前は「成形外科」と呼んでいたり、「美容外科」を「美容整形外科」や「整形美容外科」など…
  3. 雑煮の画像
    雑煮は、汁の仕立て方や餅の形、具材など、作り方は地域や家庭によって様々で、全国共通の認識としてあるの…
  1. 和牛仙台牛の画像
    和牛は品種、国産牛は産地を表しており、和牛と国産牛は同じではない。 日本で販売されている牛肉は…
  2. 浴衣姿の女性画像
    着物は「着る物」と書くように、元々は、体に着るものの総称である。 日本に洋服が入ってきたことによっ…
  3. スパークリングワインを注ぐ画像
    スパークリングワインは、炭酸ガスを多量に含んだ発泡性のワインのこと。 非発泡性ワインは、スティルワ…
  4. セミナー風景の画像
    セミナーは、少人数を対象に、特定のテーマについて開催される講演会や発表会・討論会。 ゼミナールは、…
  5. 会席料理の画像
    本膳料理は、正式な日本料理の膳立てで、室町時代に武家の礼法をもとに確立し、江戸時代に発展したが、明治…
ページ上部へ戻る