「計る」と「測る」と「量る」の違い

はかる画像

計ると測ると量るは、いずれも「はかる」と読み、「計測」「計量」「測量」という熟語もあるように、計器などを用いて数値を知ることを表すが、はかる対象によって使い分けられる。

計るは、「時間を計る」「タイミングを計る」「損失を計る」など、数や時間を数える際に使う。
「計」を使う熟語には、「時計」「計算」「会計」「累計」などがある。

測るは、「距離を測る」「身長を測る」「面積を測る」など、長さ・高さ・広さ・深さ・速さなどを調べる際に使う。
「測」を使う熟語には、「測定」「観測」「目測」などがある。

量るは、「体重を量る」「容積を量る」など、重さ・かさ・量などを調べる際に使う。「量」を使う熟語には、「重量」「容量」などがある。

次のような場合は、使い分けを間違えやすいため、注意が必要である。
「体温をはかる」の「はかる」は、「体温計」から考えると「計る」と書いてしまうが、「体温測定」という言葉もあるように「測る」を用いる。
温度・熱などは、高低を表すため「測る」である。

「100mのタイムをはかる」の「はかる」は、距離と時間から「スピード(速度)」を連想し、「測る」と書いてしまうこともあるが、この場合は、その距離を走るのにかかった「時間」をいうため、「タイムを計る」と書くのが正しい。

関連記事

  1. 光に映る影の画像
    影は、光が物体に遮られて、光源と反対側に現れる暗い部分。 陰は、物に遮られ、日光や風雨が当たらない…
  2. ドラゴンボートの画像
    共同と協同と協働は、複数の人や団体が事にあたるという意味で共通し、どの表記を用いても良い場合もあるが…
  3. 整理整頓された資料の画像
    整理と整頓は、乱れたものを整えるという共通した意味をもち、ひとまとめに「整理整頓」と使われることが多…
  1. 事故現場の画像
    ニュースでよく耳にする「重体」「重傷」「軽傷」は、治療を要する日数や症状の重さによる違いがある。 …
  2. 梅雨に咲くあじさいの画像
    梅雨は、6月から7月頃に降り続く長雨。また、その雨期のこと。 日本では、北海道と小笠原諸島を除く地…
  3. 中華そばの画像
    味や麺の種類が豊富なラーメン。 その中に「中華そば」や「支那そば」という種類があると思われやすいが…
  4. 考えるゴリラの画像
    「問題の答えを考える」とは言っても「問題の答えを思う」とは言わないように、考えるは筋道を立てて知的に…
  5. 十分に注がれ溢れそうな画像
    元々、日本では「十分」が使われており、「充足」や「充実」などの言葉の意味から、「充分」の表記もされる…
ページ上部へ戻る