「見る」と「見つめる」と「眺める」の違い

下を見つめず空を眺める画像

見るは、視覚によって認識することを広く意味する言葉で、前後の表現によって「見つめる」「眺める」の意味にもなる。
また、視覚から得た情報によって判断することから、「観察する」「調べる」「判断する」といった意味でも使う。

見つめるは、対象から視線をそらさず、その物をじっと見続けること、凝視することを意味し、多くは、意識や思考も対象に集中した状態を表す。

眺めるは、一点に集中せず、視野に入ってくるもの全体を広く見る意味で使われる。
そのため、一点に集中して見るのが「見つめる」、広く全体を見るのが「眺める」などともいわれるが、「しげしげと眺める」と言うように、一点に集中して見る意味でも「眺める」は使う。

ただし、眺めるの方が、ぼんやりとした印象を与えるため、視覚的には一点を見ているものの、意識や思考が他にある状態には「眺める」が多く使われる。
「空を見つめながら考える」といった場合、空のことを考えている訳ではないが、「空を眺めながら」が漠然とした考え、ぼんやりとした印象を与えるのに対し、「見つめながら」は、考えていることに対する集中や強い意志を持つ印象を与える。
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
見る(みる)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
眺める(ながめる)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
見るのことわざ・慣用句 – 故事ことわざ辞典

関連記事

  1. スパークリングワインを注ぐ画像
    スパークリングワインは、炭酸ガスを多量に含んだ発泡性のワインのこと。 非発泡性ワインは、スティルワ…
  2. ねじの画像
    ねじ・ボルト・ビスは、物を締め付けるために用いる、らせん状の溝があるもの。 らせん状の溝があり、回…
  3. 目的別貯金箱の画像
    節約も倹約も、無駄を省いて切り詰めることを意味するが、対象範囲は異なり、「経費の節約」「電気の節約」…
  1. 蝶の羽画像
    蝶は昼行性で昼に飛び、蛾は夜行性で夜に飛ぶといわれるが、夜に飛ぶ蝶もいれば、昼に飛ぶ蛾もいる。 …
  2. 毒薬の画像
    毒薬と劇薬には「薬」の字が入っているように「医薬品」で、薬事法によって厚生労働大臣が指定する薬。 …
  3. 正月の画像
    元日は、1年の最初の日で、1月1日のこと。 元旦は、元日の朝、元日のこと。 元旦の「旦」の字は、…
  4. 帰省ラッシュの画像
    帰省は、お盆や年末年始などの休暇を利用し、一時的に故郷へ帰る意味で使われることが多い。 帰省の「省…
  5. 子供の冒険旅行画像
    冒険の「険」は、「けわしい」という意味。 冒険は、危険をおかすことや、危険を承知で行うこと、成功の…
ページ上部へ戻る