「経験」と「体験」の違い

水に飛び込む画像

経験も体験も、実際に見聞きしたり、やったりするなど、何事かに直接ぶつかることをいう。

経験は、体験に比べて使われる範囲が広く、「人生経験」や「経験を生かす」というように、行為によって得た知識や技能なども指す。
体験は、「戦争体験」や「心霊体験」というように、自分が身をもって感じるところに重点があり、行為の内容よりも、印象的な事柄について用いることが多い。

また、経験はそれによって得られた知識や技能も指すのに対し、体験は身をもって感じるところに重点があるように、経験によって物事の本質を見極めることが可能だが、体験では物事の本質を見極めることはできない。
そのため、「体験入学」や「疑似体験」とは言っても、「経験入学」や「疑似経験」とは言わない。

関連記事

  1. 宇宙の始まり画像
    初めは、時間的に早い段階、最初、一番目などの意味の時。 英語でいえば「first」で、文法的には、…
  2. 投機の画像
    将来の利益を見込んで株や不動産などに資金を投下することを「投資」や「投機」という。 リスクの低いも…
  3. 存在を見つける画像
    有るは、「財産が有る」「貫禄が有る」「有りがち」など、「持っている」「備わる」「含まれる」といった「…
  1. 長崎原爆のキノコ雲画像
    人類史上、実戦で核兵器が使用されたのは、1945年8月6日に広島へ投下された原子爆弾(以下、「原爆」…
  2. 目的別貯金箱の画像
    節約も倹約も、無駄を省いて切り詰めることを意味するが、対象範囲は異なり、「経費の節約」「電気の節約」…
  3. 顔面の怪我の画像
    皮膚のみの比較的小さな損傷を「傷」と言い、骨や筋肉に達する比較的大きな損傷を「怪我」と言うなど、傷と…
  4. コック帽の画像
    コックは、西洋料理や中華料理の料理人のこと。 オランダ語の「kok」に由来し、英語では「cook」…
  5. ダウンロード画像
    ダウンロード(download)は、インターネットなどの通信回線を使い、パソコンやスマホなど下位のコ…
ページ上部へ戻る