「着物」と「浴衣」の違い

浴衣姿の女性画像

着物は「着る物」と書くように、元々は、体に着るものの総称である。
日本に洋服が入ってきたことによって、明治時代以降、洋服に対して和服をさす言葉となった。
浴衣は着物の一種で、基本的に形状や構造、仕立て方は同じだが、一般的にいう着物とはいくつかの違いがあり、着物と浴衣は区別される。

着物の仕立て方には、裏地があって生地が二重になっている「袷(あわせ)」と、裏地のない生地が一枚の「単衣(ひとえ)」がある。
夏に裏地なしのジャケット、それ以外のシーズンには裏地ありのジャケットを着るように、単衣の着物は夏、袷の着物は秋から春に着る。
浴衣は裏地のない単衣で、夏に着る着物と同じだが、着物は長襦袢(半襦袢)を着た上から着るのに対し、浴衣は長襦袢を着用せず、下着の上に着る。

着物の帯には、袋帯や名古屋帯、半幅帯などあるが、浴衣に分厚い帯を締めると暑苦しくなるため、半幅帯や兵児帯(へこおび)を締める。

着物は足袋を履いてから下駄などを履くが、浴衣は足袋を履かずに素足のまま下駄などを履く。

着物の生地には、絹・木綿・ウール・ポリエステルなどが使われ、浴衣の生地には、綿・コーマ・綿麻・ポリエスエステルなど、暑くなりにくい生地が使われる。

着物は正装として着用されるが、浴衣は入浴時や湯上り時に着られていたものが、就寝時の寝間着、ちょっとした外出時にも着られるようになったものなので、正装としては着られない。

着物と浴衣の違いは上記のとおりだが、基本的な違いであり例外もある。
綿絽・絹紅梅・綿紅梅・奥州木綿・長板中形といった「高級浴衣」を着る際は、長襦袢を着用して、その上から着用することが多く、浴衣に長襦袢を着用する場合は、外出着となるため、足袋を履く。
国際交流などの外国人に着せることも踏まえた場面では、着物ではなく、着用に手間がかからない浴衣のことも多い。

関連記事

  1. 雑炊の画像
    おかゆは、ご飯と同じ要領で、水の分量を多くし、米から炊いたもの。 消化が良いことから、離乳食や病人…
  2. 高速道路の画像
    高速道路の休憩施設には、サービスエリア(SA)とパーキングエリア(PA)があり、パーキングエリアより…
  3. 雨をカットする画像
    降水量も降雨量も、地面に浸みこんだり、蒸発したりすることなく、その場につもったと仮定した水の深さのこ…
  1. 遺体の画像
    死体と遺体の違いは、死者の体を物体として表現するか、人格を認めた表現にするかの違いである。 死体は…
  2. マグロの解体ショー画像
    マグロの胴体部分の肉は、大きく「トロ」と「赤身」に分けられる。 トロは赤身に対して脂肪の多い部分で…
  3. 書類作成の画像
    行政書士も司法書士も、公的な機関に提出する法律関係の書類作成や申請などを代行する仕事である。 …
  4. 金属製の木管楽器画像
    管楽器(吹奏楽器)は、金管楽器と木管楽器に分けられる。 元々は、管体が主にブラス(真鍮)や合金で作…
  5. おしどり夫婦の画像
    夫婦も夫妻も、夫と妻、婚姻関係にある男女のことで、意味に違いはないが使い方に違いがある。 夫婦…
ページ上部へ戻る