「着物」と「浴衣」の違い

浴衣姿の女性画像

着物は「着る物」と書くように、元々は、体に着るものの総称である。
日本に洋服が入ってきたことによって、明治時代以降、洋服に対して和服をさす言葉となった。
浴衣は着物の一種で、基本的に形状や構造、仕立て方は同じだが、一般的にいう着物とはいくつかの違いがあり、着物と浴衣は区別される。

着物の仕立て方には、裏地があって生地が二重になっている「袷(あわせ)」と、裏地のない生地が一枚の「単衣(ひとえ)」がある。
夏に裏地なしのジャケット、それ以外のシーズンには裏地ありのジャケットを着るように、単衣の着物は夏、袷の着物は秋から春に着る。
浴衣は裏地のない単衣で、夏に着る着物と同じだが、着物は長襦袢(半襦袢)を着た上から着るのに対し、浴衣は長襦袢を着用せず、下着の上に着る。

着物の帯には、袋帯や名古屋帯、半幅帯などあるが、浴衣に分厚い帯を締めると暑苦しくなるため、半幅帯や兵児帯(へこおび)を締める。

着物は足袋を履いてから下駄などを履くが、浴衣は足袋を履かずに素足のまま下駄などを履く。

着物の生地には、絹・木綿・ウール・ポリエステルなどが使われ、浴衣の生地には、綿・コーマ・綿麻・ポリエスエステルなど、暑くなりにくい生地が使われる。

着物は正装として着用されるが、浴衣は入浴時や湯上り時に着られていたものが、就寝時の寝間着、ちょっとした外出時にも着られるようになったものなので、正装としては着られない。

着物と浴衣の違いは上記のとおりだが、基本的な違いであり例外もある。
綿絽・絹紅梅・綿紅梅・奥州木綿・長板中形といった「高級浴衣」を着る際は、長襦袢を着用して、その上から着用することが多く、浴衣に長襦袢を着用する場合は、外出着となるため、足袋を履く。
国際交流などの外国人に着せることも踏まえた場面では、着物ではなく、着用に手間がかからない浴衣のことも多い。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「下駄」と「草履」と「雪駄」と「わらじ」の違い
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
浴衣の意味・語源・由来 – 語源由来辞典
着物(きもの)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
浴衣(ゆかた)の類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. 青田の画像
    青田買いと青田刈りは、企業が優秀な人材確保のため、新入社員採用期間よりも早く、卒業見込みの学生や生徒…
  2. X JAPANライブ画像
    「コンサート(CONCERT)」と「ライブ(LIVE)」と「ギグ(GIG)」に明確な境界線はない。 …
  3. 福島県五色沼の青沼画像
    池と沼と湖と泉と沢と潟のうち、明らかに他と違うのは「泉」である。 泉は、「出づ水」が語源であるよう…
  1. 警視庁のパトカーの画像
    警視庁は、「大阪府警察本部」や「神奈川県警察本部」など都道府県に置かれる「警察本部」と同等の組織で、…
  2. フクロウ科ミミズクの画像
    フクロウもミミズクも、クロウ目フクロウ科の鳥で、生物学的には同じ種別である。 一般には、羽角のある…
  3. 意外なことに驚く画像
    「案外」も「意外」も「存外」も「思いの外(ほか)」も、予想していたことと実情が違っていた様子を表す言…
  4. 戦場から帰る兵士の画像
    第一次世界大戦が始まってから最初のクリスマスとなった1914年12月25日、敵対していたドイツ軍とイ…
  5. 崖を飛び越える画像
    越えるは、物の上や障害、境界などを通り過ぎて向こうへ行くことや、時を経過することを表す際に用いる。 …
ページ上部へ戻る