「真夏」と「盛夏」と「盛暑」の違い

ひまわりの画像

真夏と盛夏と盛暑は、夏の暑い盛りを表す言葉である。
最も一般的な表現で、日常会話でも使われるのが「真夏」。
真夏のやや硬い表現が「盛夏」。
盛暑は「夏の盛り」という時期よりも、「暑さの盛り」という暑さに重点を置いて、その時期を表したやや古風な表現である。

手紙の時候の挨拶では、「盛夏の候」や「盛暑の候」、その他に「猛暑の候」「酷暑の候」などとも書く。
何月何日から何月何日までが、盛夏や盛暑と決まっているわけではないが、一般に梅雨明けから立秋までが最も暑い時期となるため、7月中旬から8月上旬に使われる。
ただし、自分の住む地域は梅雨が明けていたとしても、相手の住む地域が梅雨明けしていなければ、「盛夏の候」や「盛暑の候」という挨拶はおかしくなってしまうため、手紙を書く際は、相手の住む地域の気候に注意する必要がある。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「初夏」と「立夏」と「孟夏」の違い
「夏日」と「真夏日」と「猛暑日」と「酷暑日」と「熱帯夜」の違い
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
真夏(まなつ)の類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. 正月の画像
    元日は、1年の最初の日で、1月1日のこと。 元旦は、元日の朝、元日のこと。 元旦の「旦」の字は、…
  2. 日本の美意識わびさびの画像
    わびとさびは、日本独特の美意識を表す言葉で、「わびさび」とひと言で言うことも多いが、本来は異なる概念…
  3. 醤油を注ぐ画像
    一般的に「醤油」といえば、江戸時代以降、関東を中心に使われてきた「濃口醤油」を指し、醤油生産量の8割…
  1. 人が分かれる画像
    分かれると別れるは、共に「わかれる」と読み、「離れる」という意味においては同じで語源も同じだが、わか…
  2. おしるこ・ぜんざいの画像
    おしるこ(お汁粉)とぜんざい(善哉)は、どちらも小豆を砂糖で甘く煮て、餅や白玉団子を入れたものだが、…
  3. レバニラ炒めの画像
    レバニラ炒めとは、牛や豚のレバーを、ニラやショウガなどと炒め、塩・醤油・コショウなどで味つけした中華…
  4. おはぎ・ぼたもちの画像
    おはぎとぼたもちは基本的に同じ食べ物で、どちらか一方で呼ばれることが多いが、季節・大きさ・材料によっ…
  5. 目標火薬田ドンの画像
    目的と目標は、目指すものという意味では同じだが、目的は、最終的に実現しよう、成し遂げよう、到達しよう…
ページ上部へ戻る