「池」と「沼」と「湖」と「泉」と「沢」と「潟」の違い

福島県五色沼の青沼画像

池と沼と湖と泉と沢と潟のうち、明らかに他と違うのは「泉」である。
泉は、「出づ水」が語源であるように、地中から水が湧き出るところを意味し、池や沼、湖などのように水が溜まったところを表していない。

次に区別しやすいのが「潟」。
潟は、海の一部が砂州によって外海から分離されてできた低地に水が溜まったところで、海水が混ざっていて、潮の満ち引きによって現れたり隠れたりする。

残りの「池」「沼」「湖」「沢」を分ける厳密な定義はないが、一応、目安となる区別の仕方があり、大きさ・深さ・植物の有無などによって分けられる。
小さく浅い順に、沢・池・沼・湖となる。

沢は、低地で浅く水が溜まり、アシやオギなどの植物が茂っている湿地である。
また、山間の比較的小さな渓谷も「沢」という。

池は、自然のくぼ地に水が溜まったところや、地を掘って人工的造ったところ。
ふつう、沢よりも大きく深いが、沼や湖よりも小さく、水深5m以下のところをいう。水中植物はあまり生えていない。

沼は、池よりも大きく、湖よりも小さいところ。
水深は池と同様に5m以下であるが、フサモ・クロモなどの水中植物が繁茂し、泥土が多い。

湖は、池や沼よりも大きく、水深5m以上のところをいう。
ふつうは自然にできたところを指すが、ダムなどの貯水池を「人工湖」「人造湖」などと呼ぶように、人工的に造られた湖も存在する。

上記はあくまでも目安で、規模や形態が「湖」であっても、固有名詞では「池」や「沼」となっていたり、「池」のようなところが「沼」と呼ばれていることもある。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「川」と「河」と「河川」の違い
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
池の意味・語源・由来 – 語源由来辞典
湖の意味・語源・由来 – 語源由来辞典
泉の意味・語源・由来 – 語源由来辞典
池(いけ)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
沼(ぬま)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
湖(みずうみ)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
泉(いずみ)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
池のことわざ・慣用句 – 故事ことわざ辞典
沼のことわざ・慣用句 – 故事ことわざ辞典
泉のことわざ・慣用句 – 故事ことわざ辞典
「池」を含む四字熟語一覧 – 平明四字熟語辞典

関連記事

  1. 竹を食べるパンダの画像
    竹も笹もイネ科タケ亜科に属する植物で、一般には、大型のものを「竹」、小型のものを「笹」と呼ぶ。 竹…
  2. 世界一の経営者の画像
    事業家とは、事業を企て、経営する人のこと。 特に、事業の経営に巧みな人をいう。 実業家とは、…
  3. 浴衣姿の女性画像
    着物は「着る物」と書くように、元々は、体に着るものの総称である。 日本に洋服が入ってきたことによっ…
  1. 怖い墓地の画像
    怖いと恐いは、ともに、悪い結果が予想され、不安である、近寄りたくない、身がすくむ。また、不思議な力が…
  2. 子供の冒険旅行画像
    冒険の「険」は、「けわしい」という意味。 冒険は、危険をおかすことや、危険を承知で行うこと、成功の…
  3. 好意を無にされた画像
    「好意」も「厚意」も、相手を思う親切な心という共通の意味があり、「ご好意に甘える」「ご厚意に甘える」…
  4. 下を見つめず空を眺める画像
    見るは、視覚によって認識することを広く意味する言葉で、前後の表現によって「見つめる」「眺める」の意味…
  5. 聞く人の画像
    聞くと聴くは、意識の違いによって使い分けられる。 聞くは、「物音を聞く」「話し声が聞こえる」のよう…
ページ上部へ戻る