「池」と「沼」と「湖」と「泉」と「沢」と「潟」の違い

福島県五色沼の青沼画像

池と沼と湖と泉と沢と潟のうち、明らかに他と違うのは「泉」である。
泉は、「出づ水」が語源であるように、地中から水が湧き出るところを意味し、池や沼、湖などのように水が溜まったところを表していない。

次に区別しやすいのが「潟」。
潟は、海の一部が砂州によって外海から分離されてできた低地に水が溜まったところで、海水が混ざっていて、潮の満ち引きによって現れたり隠れたりする。

残りの「池」「沼」「湖」「沢」を分ける厳密な定義はないが、一応、目安となる区別の仕方があり、大きさ・深さ・植物の有無などによって分けられる。
小さく浅い順に、沢・池・沼・湖となる。

沢は、低地で浅く水が溜まり、アシやオギなどの植物が茂っている湿地である。
また、山間の比較的小さな渓谷も「沢」という。

池は、自然のくぼ地に水が溜まったところや、地を掘って人工的造ったところ。
ふつう、沢よりも大きく深いが、沼や湖よりも小さく、水深5m以下のところをいう。水中植物はあまり生えていない。

沼は、池よりも大きく、湖よりも小さいところ。
水深は池と同様に5m以下であるが、フサモ・クロモなどの水中植物が繁茂し、泥土が多い。

湖は、池や沼よりも大きく、水深5m以上のところをいう。
ふつうは自然にできたところを指すが、ダムなどの貯水池を「人工湖」「人造湖」などと呼ぶように、人工的に造られた湖も存在する。

上記はあくまでも目安で、規模や形態が「湖」であっても、固有名詞では「池」や「沼」となっていたり、「池」のようなところが「沼」と呼ばれていることもある。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「川」と「河」と「河川」の違い
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
池の意味・語源・由来 – 語源由来辞典
湖の意味・語源・由来 – 語源由来辞典
泉の意味・語源・由来 – 語源由来辞典
池(いけ)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
沼(ぬま)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
湖(みずうみ)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
泉(いずみ)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
池のことわざ・慣用句 – 故事ことわざ辞典
沼のことわざ・慣用句 – 故事ことわざ辞典
泉のことわざ・慣用句 – 故事ことわざ辞典
「池」を含む四字熟語一覧 – 平明四字熟語辞典

関連記事

  1. 児童が使う古い教室の画像
    一般の会話で、児童と生徒と学生が厳密に区別されることは少ないが、法律では区別されている。 学校…
  2. 小額で少額な画像
    小額は「小さな額」で、金額の単位が小さいという意味。 1万円札に対して1円玉や100円玉などが小額…
  3. 手を取り合う画像
    コンサートやスポーツ大会、美術展、学会などのイベントのポスターなどに明記されている、主催・協賛・協力…
  1. 体を絞る画像
    しぼるの漢字には「絞る」と「搾る」があるが、それぞれの漢字が表す意味から使い分けされる。 「絞…
  2. 最新エコカーの画像
    ハイブリッドカーの「ハイブリッド」は「混合」という意味。 ガソリンエンジンと電気モーターなど、2つ…
  3. スケジュール調整の画像
    延期と順延と延長は、予定を先に延ばすことだが、延期は、期日や期限を先に延ばすこと。 順延は、予定し…
  4. 蔵王国定公園の画像
    国立公園は、日本の景勝地の中でも特に傑出した地として、指定された自然公園。 自然公園法に基づき、環…
  5. スマホで支払精算する画像
    精算の「精」は、「精細」「精密」「精巧」などにも使われるように、「細かい」「詳しい」の意味があり、精…
ページ上部へ戻る