「氾濫」と「決壊」の違い

堤防が決壊し川の水が氾濫する画像

氾濫も決壊も、大雨などで起こるものだが、表す状態に違いがある。

氾濫は、雨などによって水があふれかえること。
決壊は、堤防やダムなどが切れて崩れることをいう。

大雨で堤防が決壊し、川の水が氾濫することはある。
しかし、堤防が決壊していなくても、川の水があふれることはあり、必ずしも同時に起こるものではない。

氾濫には「外水氾濫」と「内水氾濫」がある。
外水氾濫は、川の水があふれ出ること。
内水氾濫は、ゲリラ豪雨などにより、排水路や下水道などに流しきれない水があふれること。
「氾濫」だからといって、川の水があふれ出ているとも限らないのである。

また、氾濫には「情報が氾濫する」など「事物があふれるほど出回る」という意味もある。
これは、「あふれている」という意味から転じたもので、洪水が好ましくないように、多くは、好ましくないものがあふれ出回っている場合に用いられる。

関連記事

  1. 津波で流された家の画像
    洪水・土砂災害・津波・大規模火災・原子力災害など、災害に関する避難情報には、危険度の低い順から、避難…
  2. 会社を去る画像
    辞任とは、今まで就いていた任務・職務を自分の意志で辞めること。 辞職とは、今まで就いていた職を自分…
  3. 人が分かれる画像
    分かれると別れるは、共に「わかれる」と読み、「離れる」という意味においては同じで語源も同じだが、わか…
  1. 速い犬の画像
    速いは、ある動作を完了するのに要する時間が短い、一定時間に動く距離・働く量が大きい、すみやかであると…
  2. 児童が使う古い教室の画像
    一般の会話で、児童と生徒と学生が厳密に区別されることは少ないが、法律では区別されている。 学校…
  3. マークシート用紙の画像
    OCRとは、「optical character reader」の略。 手書きもしくは印刷された文…
  4. 津波で流された家の画像
    洪水・土砂災害・津波・大規模火災・原子力災害など、災害に関する避難情報には、危険度の低い順から、避難…
  5. 想いを馳せる画像
    「おもう」を漢字で書く際、多くの場合は「思う」を用い、特に感情を込めた表現には「想う」を用いる。 …
ページ上部へ戻る