「標高」と「海抜」の違い

測量する画像

標高も海抜も、平均海面を基準とした土地の高さのこと。
主に、標高は山や土地の高さなど、地形を表す際に用いられ、海抜は津波や高潮災害などの対策の意味もあり、海に近い地域で用いられる。
また、「海抜0メートル地帯」とはいうが、「標高0メートル地帯」とはいわないように、「地帯」を伴う場合は「海抜」が用いられる。

日本では、東京湾の平均海面を基準にした高さを「標高」としているが、海は波の影響もあるため、実際には、国会前庭北地区にある日本水準原点で測量される。

海抜は、津波や高潮などの対策の目安となるため、本来は近海の平均海面を基準とすべきであるが、標高と海抜の基準が異なると不都合が生じることから、一部の離島を除いて、標高と同じ基準となっており、実質的には標高も海抜も同じである。

標高と海抜を同じにすることで、高さは統一されるが、近海の平均海面を基準としなければ、肝心な注意喚起としては使えない高さを表すことになる。
そのため、「海抜〇〇m」の後に「O.P.〇〇m」や「N.P.〇〇m」と小さく括弧書きをして、近海の平均海面からの高さを記載しているところもある(「O.P.」は大阪湾工事基準面、「N.P.」は名古屋港基準面のこと)。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「山」と「丘」の違い
スポンサーリンク

関連記事

  1. 蛇口の画像
    「ひねる」と「ねじる」と「よじる」は、回すという点では同じだが、回す方向や強さ、回数などに違いがある…
  2. 象の家族のぶらぶら散歩画像
    「ふらふら」も「ぶらぶら」も「ぷらぷら」も、位置が定まらず揺れ動くさまをいうが、それぞれの使い方に違…
  3. 蔵王国定公園の画像
    国立公園は、日本の景勝地の中でも特に傑出した地として、指定された自然公園。 自然公園法に基づき、環…
  1. 役員の画像
    取締役は、株主総会で選任され、会社の業務執行に関する意思決定をする者のこと。 会社内部での呼称と合…
  2. オペラ劇場の画像
    オペラは「歌劇」と訳されるように、セリフの大部分が独唱・重唱・合唱によって演じられる。 伴奏は、管…
  3. 戦場から帰る兵士の画像
    第一次世界大戦が始まってから最初のクリスマスとなった1914年12月25日、敵対していたドイツ軍とイ…
  4. Tシャツの画像
    カットソーは「カット&ソーイング(Cut&Sewn)」の略で、生地を裁断して縫い合わせたものを表す。…
  5. ざるそばの画像
    江戸時代、蕎麦はつゆにつけて食べる「そばきり(蕎麦切り)」が一般的であった。 江戸中期に入ると、最…
ページ上部へ戻る