「明く・明ける」と「開く・開ける」と「空く・空ける」の違い

穴をあける画像

「あく・あける」の漢字には、「明く・明ける」「開く・開ける」「空く・空ける」がある。

「明く・明ける」は、「夜が明ける」など「明るくなる」の意味や、「梅雨が明ける」や「夜勤明け」など「期間が終わる、片付く」の意味、「襟明き」など衣服の仕立て方に使われる。
「開く・開ける」は、「扉が開く」「蓋を開ける」など「ひらく(開く)」「オープン」の意味、「空く・空ける」は、「席が空く」「家を空ける」など「から(空)」の意味で使う。

対象によっては、「明く」と「開く」、「開く」と「空く」のどちらも使う場合があるので、使い分けに注意が必要である。

「目をあける」の場合、目を覚ますことを表すのであれば、目の前が明るくなることをいっているので、「目を明ける」と書くが、閉じていた目が開いたという動作を表すのであれば、「目を開ける」と書く。

「店をあける」の場合、開店を表すのであれば「店を開ける」、店をからにして留守にする意味であれば「店を空ける」。
「箱をあける」の場合も、箱の蓋をひらく意味であれば「箱を開ける」、箱の中身をからにする意味であれば「箱を空ける」と書く。

「穴をあける」の場合、ピアスの穴のように開放や開通させる意味であれば、「穴を開ける」で、基本的には「穴を開ける」と書くことが多い。
しかし、空間をつくることを表すのであれば「穴を空ける」で、「胃に穴があく」は「胃に穴が空く」と書く。
上記のような物理的な穴と違い、「舞台に穴をあける」や「家計に穴をあける」など慣用句として抽象的な表現の場合は、「穴をあける」とひらがな表記する。
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
明く(あく)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
明ける(あける)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
開く(あく)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
開ける(あける)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
空く(あく)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
空ける(あける)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
開くのことわざ・慣用句 – 故事ことわざ辞典

関連記事

  1. レギンスの画像
    日本で「スパッツ」と呼ばれるものは、欧米では「レギンス」と呼ばれ、基本的には同じもの。 日本に「レ…
  2. 夏の風物詩ラムネの画像
    ラムネは、レモン水を意味する英語「レモネード(lemonade)」がなまったもので、炭酸水にレモンや…
  3. 徳利とお猪口の画像
    徳利は、口の近くが狭くすぼみ、胴が膨らんだ形をした、陶製・金属製・ガラス製の酒・醤油・酢などを入れて…
  1. 平和な画像
    平和と和平の意味は似ているが、使い分けは明確で、平和は、戦争や紛争・災害などがなく、世の中や暮らしが…
  2. マグロの解体ショー画像
    マグロの胴体部分の肉は、大きく「トロ」と「赤身」に分けられる。 トロは赤身に対して脂肪の多い部分で…
  3. レンタカーの鍵を渡す画像
    レンタルは、レンタルビデオやレンタカー、レンタルルーム、日用品のレンタルなど種類は豊富。 レンタル…
  4. おしるこ・ぜんざいの画像
    おしるこ(お汁粉)とぜんざい(善哉)は、どちらも小豆を砂糖で甘く煮て、餅や白玉団子を入れたものだが、…
  5. 気仙沼の鮨智の寿司画像
    すしの漢字には「寿司」と「鮨」と「鮓」がある。 最も古い表記は「鮓」で、元々は塩や糟などに漬け…
ページ上部へ戻る