「明く・明ける」と「開く・開ける」と「空く・空ける」の違い

穴をあける画像

「あく・あける」の漢字には、「明く・明ける」「開く・開ける」「空く・空ける」がある。

「明く・明ける」は、「夜が明ける」など「明るくなる」の意味や、「梅雨が明ける」や「夜勤明け」など「期間が終わる、片付く」の意味、「襟明き」など衣服の仕立て方に使われる。
「開く・開ける」は、「扉が開く」「蓋を開ける」など「ひらく(開く)」「オープン」の意味、「空く・空ける」は、「席が空く」「家を空ける」など「から(空)」の意味で使う。

対象によっては、「明く」と「開く」、「開く」と「空く」のどちらも使う場合があるので、使い分けに注意が必要である。

「目をあける」の場合、目を覚ますことを表すのであれば、目の前が明るくなることをいっているので、「目を明ける」と書くが、閉じていた目が開いたという動作を表すのであれば、「目を開ける」と書く。

「店をあける」の場合、開店を表すのであれば「店を開ける」、店をからにして留守にする意味であれば「店を空ける」。
「箱をあける」の場合も、箱の蓋をひらく意味であれば「箱を開ける」、箱の中身をからにする意味であれば「箱を空ける」と書く。

「穴をあける」の場合、ピアスの穴のように開放や開通させる意味であれば、「穴を開ける」で、基本的には「穴を開ける」と書くことが多い。
しかし、空間をつくることを表すのであれば「穴を空ける」で、「胃に穴があく」は「胃に穴が空く」と書く。
上記のような物理的な穴と違い、「舞台に穴をあける」や「家計に穴をあける」など慣用句として抽象的な表現の場合は、「穴をあける」とひらがな表記する。
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
明く(あく)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
明ける(あける)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
開く(あく)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
開ける(あける)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
空く(あく)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
空ける(あける)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
開くのことわざ・慣用句 – 故事ことわざ辞典

関連記事

  1. ブスだっていいじゃないかの画像
    「かわいい」と「かわいらしい」は、顔や声、物などに対して、愛すべきである、大事にしたいといった感情を…
  2. インターネットでわかる画像
    わかるの漢字には「分かる」「解る」「判る」があるが、常用漢字表に従えば「分かる」が正しく、「解る」と…
  3. 青森ねぶたの画像
    ねぶたは青森市で、ねぷたは弘前市と言われることがある。 ねぶたで有名なのが青森市の「青森ねぶた」、…
  1. 高速道路の画像
    高速道路の休憩施設には、サービスエリア(SA)とパーキングエリア(PA)があり、パーキングエリアより…
  2. テロの画像
    テロは、「テロリズム(terrorism)」やドイツ語「テロル(Terror)」の略で、政治的主張を…
  3. 餃子の王さまの看板画像
    「餃子の王将」と「大阪王将」と「餃子の王さま」は、餃子を看板メニューにする中華料理店で、名前も似てい…
  4. 進歩の画像
    進歩とは、物事が次第によい方、望ましい方へ進んで行くことで、以前よりも悪い方へ進むことは「退歩」。 …
  5. 蝶の羽画像
    蝶は昼行性で昼に飛び、蛾は夜行性で夜に飛ぶといわれるが、夜に飛ぶ蝶もいれば、昼に飛ぶ蛾もいる。 …
ページ上部へ戻る