「成長」と「生長」の違い

成長する子供と生長する草の画像

成長は、「成長期の子供」「成長した犬」「成長株」「高度経済成長」など、人や動物が育って大きくなる意味のほか、物事の規模や内容が大きくなることも表す。
生長は、「稲の生長」「樹木の成長」など、植物が育って大きくなることを表す。
つまり、成長と生長は、対象が植物か植物以外かによって、使い分けられるという違いがある。

しかし、成長と生長を使い分けて表記することは混乱を招くという理由から、現代の学問の世界では、植物であっても「成長」が使われるようになっている。
新聞やテレビなども、「成長」の表記で統一されており、「生長」が使われるのは、「生長の家」などの固有名詞に限られている。

そのため、どうしても植物は「生長」で表したい、固有名詞で「生長」が使われているといった場合を除き、「成長」と書いたほうが間違いがなく無難である。

関連記事

  1. フランベで顔まで焼く画像
    本来、焼くは火を食品に直接当てて加熱することを意味した。 最も原始的な加熱調理法であるため、火を通…
  2. スマホで支払精算する画像
    精算の「精」は、「精細」「精密」「精巧」などにも使われるように、「細かい」「詳しい」の意味があり、精…
  3. うだるような暑さの画像
    一日の最高気温がセ氏25度以上の日を「夏日」、30度以上の日を「真夏日」、35度以上の日を「猛暑日」…
  1. 図書館の辞典画像
    事典や字典を含めた総称として「辞典」や「辞書」と呼ぶ場合もあるが、「辞」「事」「字」のそれぞれの文字…
  2. 悲しくて泣く赤ちゃん画像
    悲しいと哀しいに明確な使い分けはないが、公用文などでは「悲しい」と表記し、「哀しい」は用いられない。…
  3. パフェの画像
    パフェは背の高いグラスに入れられ、サンデーは平たい皿に入れられると言われるが、平たい皿に盛られたパフ…
  4. 彗星の画像
    彗星も流星も尾を引いて光るものだが、彗星は太陽系の小天体、流星は宇宙の塵が発光する現象である。 …
  5. ベリームースの画像
    ムースは、フランス語で「泡」を意味するように、泡立てた卵白や生クリームに、フルーツピューレやチョコレ…
ページ上部へ戻る