「思う」と「考える」の違い

考えるゴリラの画像

「問題の答えを考える」とは言っても「問題の答えを思う」とは言わないように、考えるは筋道を立てて知的に分析するなど、客観的に判断することを示す。
対して、思うは主観的・感情的な心の動きや、瞬間的な判断を示すのに用いる。

「面白い」は、「思う」か「考える」か。
感情的・主観的な心の動きとして面白いを表すならば、「面白いと思う」と言う。
面白いが分析の対象であれば、「〇〇が面白いと考える」「面白いことを考える」「面白いとは何か考える」といった言い方になる。

「相手のことを思う」と「相手のことを考える」。
「相手のことを思う」と言った時は、相手を恋しく思ったり、心配したりする感情を表し、「相手のことを考える」は、より分析的で、その状況などについて思いめぐらすことを表す。

「私はこう思う」とも「私はこう考える」。
「私はこう思う」と言った時は、主観的な希望や、漠然とした思いを表し、「私はこう考える」は、客観的な考えや、筋の通った考えを表す。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「意思」と「意志」の違いの違い
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
考えるの意味・語源・由来 – 語源由来辞典
思う(おもう)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
考える(かんがえる)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
思うのことわざ・慣用句 – 故事ことわざ辞典
考えることわざ・慣用句 – 故事ことわざ辞典

関連記事

  1. ワイシャツを着る男性の画像
    ワイシャツもカッターシャツも和製英語で、ワイシャツはホワイトシャツの訛りであるが、白いシャツに限らず…
  2. 夜中の街の画像
    夜更けを表す言葉は、深夜・夜中(真夜中)・未明・夜半などと多くあるが、それぞれに時間帯の明確な定義が…
  3. 女性のからだの画像
    「からだ」の漢字には、体・身体・躰・躯・軆・軀・體があり、一般的には「体」、次いで「身体」と書かれる…
  1. 永い時間働く人の画像
    ながいの漢字「長い」と「永い」の使い分けは、まず、時間のことなのか、時間以外のことなのかで分けられる…
  2. 迷惑なタバコの画像
    マナーとエチケットを日本語に訳すと、どちらも「礼儀」や「作法」になるが、食事中のナイフやフォークの使…
  3. 怪しい入口の画像
    怪しい・疑わしい・訝しい(いぶかしい)・いかがわしいは、正体がよくわからず何か変だと感じるようすを表…
  4. 会社を去る画像
    辞任とは、今まで就いていた任務・職務を自分の意志で辞めること。 辞職とは、今まで就いていた職を自分…
  5. パンフレットを見る画像
    カタログは、漢字で「型録」と当てられるように「型を記録したもの」、つまり、目録のこと。 製品・商品…
ページ上部へ戻る