「思う」と「考える」の違い

考えるゴリラの画像

「問題の答えを考える」とは言っても「問題の答えを思う」とは言わないように、考えるは筋道を立てて知的に分析するなど、客観的に判断することを示す。
対して、思うは主観的・感情的な心の動きや、瞬間的な判断を示すのに用いる。

「面白い」は、「思う」か「考える」か。
感情的・主観的な心の動きとして面白いを表すならば、「面白いと思う」と言う。
面白いが分析の対象であれば、「〇〇が面白いと考える」「面白いことを考える」「面白いとは何か考える」といった言い方になる。

「相手のことを思う」と「相手のことを考える」。
「相手のことを思う」と言った時は、相手を恋しく思ったり、心配したりする感情を表し、「相手のことを考える」は、より分析的で、その状況などについて思いめぐらすことを表す。

「私はこう思う」とも「私はこう考える」。
「私はこう思う」と言った時は、主観的な希望や、漠然とした思いを表し、「私はこう考える」は、客観的な考えや、筋の通った考えを表す。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「意思」と「意志」の違いの違い
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
考えるの意味・語源・由来 – 語源由来辞典
思う(おもう)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
考える(かんがえる)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
思うのことわざ・慣用句 – 故事ことわざ辞典
考えることわざ・慣用句 – 故事ことわざ辞典

関連記事

  1. 福島県五色沼の青沼画像
    池と沼と湖と泉と沢と潟のうち、明らかに他と違うのは「泉」である。 泉は、「出づ水」が語源であるよう…
  2. 日本で一番低い山の日和山画像
    山は周囲の土地よりも表面が高く盛り上がった地形のことで、丘は小高い土地を指す。 一般的に、丘は山よ…
  3. 存在を見つける画像
    有るは、「財産が有る」「貫禄が有る」「有りがち」など、「持っている」「備わる」「含まれる」といった「…
  1. たまごの画像
    卵も玉子も、共に「たまご」と読む。 使い分けに明確な基準はないが、一般的に、生物学上では「卵」と…
  2. ダンカン馬鹿野郎たけしの画像
    バカ(馬鹿)とアホ・アホウ(阿呆)は、共に「愚かなこと」「愚かな人」を表す言葉で、主に、関東では「バ…
  3. 印と朱肉の画像
    「押印」と「捺印」と「押捺」は、いずれも印判を押すことをいうが、意味に異なる部分があり、一般的な社会…
  4. 苦情・クレーム・文句・抗議の電話をする人の画像
    苦情は「苦しい事情」と書くように、元々は「難儀な事情」を意味した言葉。 転じて、害を受けていること…
  5. 雑煮の画像
    雑煮は、汁の仕立て方や餅の形、具材など、作り方は地域や家庭によって様々で、全国共通の認識としてあるの…
ページ上部へ戻る