「徳利」と「お銚子」の違い

徳利とお猪口の画像

徳利は、口の近くが狭くすぼみ、胴が膨らんだ形をした、陶製・金属製・ガラス製の酒・醤油・酢などを入れておく容器。
特に、日本酒を入れてお猪口に注ぐ酒器として使われる。
本来は「とくり」だが、現在では訛りの「とっくり」と呼ばれることのほうが多い。

居酒屋などで熱燗を注文する際に「お銚子一本」などと言うが、実際に提供されるのは、お銚子ではなく徳利に入ったお酒。
お銚子に入ったお酒が、居酒屋で提供されることはまずない。

お銚子とは、金属製で柄杓のように長い柄のついた、酒を入れて盃に注ぎ移すための器のことである。
結婚式の三三九度で、巫女さんが酒を盃に注ぐ時に用いられるのが、本来のお銚子。
形状が違うものでは、お屠蘇などで用いられる土瓶や急須のような形をしたものもあるが、徳利の形をしたお銚子はない。

このように、徳利とお銚子は全く違う酒器で、徳利を「お銚子」と呼ぶことは誤用であるが、長い年月をかけて浸透した誤用で、現在では誤用の方が一般的であるため、徳利を「お銚子」といっても間違いとはされない。
ただし、本来のお銚子はお銚子であり、これを「徳利」と呼ぶのは間違いである。
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
徳利の意味・語源・由来 – 語源由来辞典
徳利(とっくり)の類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. 寝るアシカの画像
    アシカとアザラシとセイウチは、いずれもヒレのような脚を持っていることから「鰭脚類(鰭脚目)」に分類さ…
  2. 竹林の画像
    木も草も、光合成によって成長する植物。 一般に、木は大きく高く育ち、草は小さく低く育つというイメー…
  3. オレンジの画像
    オレンジを大きく分けると、スイートオレンジ、サワーオレンジ、マンダリンオレンジに分類され、日本で単に…
  1. 雹の画像
    「雹(ひょう)」も「霰(あられ)」も、空から降ってくる氷の粒だが、一番の違いは大きさにある。 ひょ…
  2. 富士山麓に茶畑画像
    日本茶(緑茶)の中で、最もよく飲まれているのが煎茶である。 煎茶は、新芽を摘んで蒸して揉み、乾燥し…
  3. 以下と未満の画像
    以下の「以」は「~より」の意味で、以下は「~より下」を表す。 数学や法律では、基準となる数量を含ん…
  4. 初夏の画像
    陰暦(旧暦)の夏は、4月から6月までを指し、夏の初めである4月を「初夏」、夏の半ばである5月を「仲夏…
  5. 最新エコカーの画像
    ハイブリッドカーの「ハイブリッド」は「混合」という意味。 ガソリンエンジンと電気モーターなど、2つ…
ページ上部へ戻る