「御霊前」と「御仏前」の違い

香典袋の画像

通夜や葬儀の香典は不祝儀袋に包んで供えるが、不祝儀袋の表書きは、仏式・神式・キリスト教式など、故人の宗教や宗派によって異なる。

「御霊前」は仏式・神式・キリスト教式・無宗教葬を問わず使える表書きであるが、「御仏前」は「仏の前」と書くとおり、仏式のみで用いる表書きである。
仏教では、亡くなって49日後に成仏し、霊から仏になるという教えがあるため、仏式でも、四十九日までは「御霊前」を用い、四十九日以降は「御仏前」を用いるという使い分けがある。

浄土真宗では往生即成仏という教えであるため、通夜や葬儀であっても「御霊前」ではなく、「御仏前」を用いる。
「御香典」「御香料」「御香資」なども失礼にあたらない。
実際には、故人の宗教・宗派が分からず、幅広く使われる「御霊前」が無難であるため、浄土真宗でも「御霊前」と書かれることが多いが、日本一信徒が多い宗派が浄土真宗であるため、浄土真宗は「御仏前」であることを覚えておいた方がよい。

神式では「御霊前」のほか、「御玉串料」「御榊料」「御神前」「御饌料(みけりょう)」「御神饌料(ごしせんりょう)」などを用いる。

キリスト教式でも「御霊前」は使えるが、一般的なのは「御花料」。
カトリックでは「御ミサ料」の表書きもあるが、プロテスタントでは使わない。

神式やキリスト教式にも、仏教の四十九日の法要にあたる儀式はあるが、その場合、神式では「御玉串料」「御榊料」「御神前」、キリスト教式では「御花料」というように、その宗教で一般的な表書きが使われる。

無宗教式では一般的に「御霊前」だが、「志」「御花料」「御香資」「御香料」なども使われる。

蓮の花が印刷された不祝儀袋は仏式用、白百合や十字架が印刷された不祝儀袋はキリスト教用なので、印刷にも注意が必要である。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「通夜」と「葬儀」と「告別式」の違い
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
香典の意味・語源・由来 – 語源由来辞典
香典(こうでん)の類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. 花菖蒲の画像
    アヤメとカキツバタは、共にアヤメ科アヤメ属の植物で、「いずれ菖蒲か杜若」という諺もあるように見た目も…
  2. 毒薬の画像
    毒薬と劇薬には「薬」の字が入っているように「医薬品」で、薬事法によって厚生労働大臣が指定する薬。 …
  3. 苦情・クレーム・文句・抗議の電話をする人の画像
    苦情は「苦しい事情」と書くように、元々は「難儀な事情」を意味した言葉。 転じて、害を受けていること…
  1. ビスケットの画像
    クッキーとビスケットは区別する基準が曖昧で、「違いがある」と言えばある、「違いがない」と言えばないな…
  2. 石を避ける画像
    「避ける」には、「さける」と「よける」の読み方がある。 「さける」も「よける」も、好ましくない対象…
  3. 餃子の王さまの看板画像
    「餃子の王将」と「大阪王将」と「餃子の王さま」は、餃子を看板メニューにする中華料理店で、名前も似てい…
  4. 電気量販店の画像
    定価は、あらかじめ決められた販売価格のことで、原則として値上げや値下げは認められていない。 希…
  5. 高熱を出した子供の画像
    風邪は、鼻やのど、気管支など、呼吸器系の粘膜に炎症を起こす症状の総称。 主に、ウイルスの感染によっ…
ページ上部へ戻る