「幻覚」と「錯覚」と「幻視」と「錯視」と「誤認」の違い

目の錯覚画像

幻覚は、対象となるものが実際はないのに、あるように知覚すること。
多くの場合、「幻覚が見える」などと、実際にないものが見える「幻視」のことをいうが、幻覚は視覚によるものだけでなく、感覚器官に感じる全てに対応する幻覚があり、「幻聴」「幻視」「幻触」「幻臭(幻嗅)」「幻味」「体感幻覚」などに分けられる。
幻覚は、麻薬やアルコール、精神障害などが原因となって起こるが、正常であっても、夜間に高速道路を運転し続けるなど、感覚刺激を遮断した状態が続いた場合には、幻覚が起こることもある。

錯覚は、対象となるものに対し、客観的事実と違った知覚をすること。
多くの場合、形・大きさ・長さ・色・方向などが違った見え方をする「錯視」、いわゆる「目の錯覚」をいうが、幻視が幻覚の一種であるように、錯覚にも「錯聴」「錯視」「錯触」などの種類がある。
また、錯覚は思い違いや勘違いの意味でも用いる。

誤認は、違うものをそうだと思って認めることや、見間違えること。
真犯人でない人を誤って逮捕する「誤認逮捕」や、見ず知らずの人に声を掛けた理由が、知人と似ていたからという場合が「誤認」である。

幻覚と錯覚と誤認の違いは、感覚器官が正常であるか否か、知覚する対象の有無、得た情報の整理で分けられる。
幻覚は、感覚器官に異常があり、知覚する対象が実在しない場合に起こるもの。
錯覚は、感覚器官が正常であるにも関わらず、実際とは異なる情報として感覚を得るもの。
誤認は、感覚器官も正常で、得た情報も確かであるが、思い込みや勘違いによって、得た情報の整理が不十分となり起こるものである。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「心療内科」と「精神科」の違い
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
幻覚(げんかく)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
錯覚(さっかく)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
誤認(ごにん)の類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. 梅雨に咲くあじさいの画像
    梅雨は、6月から7月頃に降り続く長雨。また、その雨期のこと。 日本では、北海道と小笠原諸島を除く地…
  2. 雑炊の画像
    おかゆは、ご飯と同じ要領で、水の分量を多くし、米から炊いたもの。 消化が良いことから、離乳食や病人…
  3. 刀を持つおじさんの画像
    おじさんの漢字表記には、「伯父さん」「叔父さん」「小父さん」がある。 いずれも同源だが、対象が違え…
  1. 穴をあける画像
    「あく・あける」の漢字には、「明く・明ける」「開く・開ける」「空く・空ける」がある。 「明く・…
  2. 豊富な食料の画像
    食料も食糧も、「しょくりょう」と読み、食用とする物を意味する。 食料の「料」は米偏に「斗」、食糧の…
  3. おはぎ・ぼたもちの画像
    おはぎとぼたもちは基本的に同じ食べ物で、どちらか一方で呼ばれることが多いが、季節・大きさ・材料によっ…
  4. 目的別貯金箱の画像
    節約も倹約も、無駄を省いて切り詰めることを意味するが、対象範囲は異なり、「経費の節約」「電気の節約」…
  5. 雨雲画像
    天気予報の「一時」「時々」「のち」「所により」は、厳密に区別されている。 一時雨は、ある時間の…
ページ上部へ戻る