「寄付金(寄附金)」と「義援金(義捐金)」と「支援金」の違い

寄付金の画像

寄付金(寄附金)とは、公共団体や宗教施設、学校法人などに金銭を贈ること。
災害時に寄せられる寄付金は、用途によって「義援金(義捐金)」と「支援金」に分かれる。

義援金とは、災害などの被害を受けた被災者を支援をするために、日本赤十字社や赤い羽根共同募金などに寄せられる寄付金のこと。
支援金とは、被災地で支援活動するNPO法人やボランティア団体に対して送られる寄付金のこと。

義援金は被災地の自治体に送られ、義援金配分委員会によって寄付金の100%が公平・平等に被災者へ配布される。
確実に被災者の元へ届けたいということであれば、支援金よりも義援金の方が良いが、公平・平等に配分しなければならず、その作業も自治体が被災した混乱の中行うため、被災者の元へ届くまでに、かなり時間がかかるという問題がある。

支援金は被災者へ直接届けられるものではないため、義援金の方が良いとか、支援金の用途は各支援団体が決め、使途や収支報告は行われているが、無駄遣いされる可能性がゼロではないため、義援金の方が良いなどと言われることも多い。
しかし、被災地での救命・復旧活動に役立てられるのは、義援金ではなく支援金で、被災者のニーズに応じて迅速な対応ができるのも支援金である。
支援団体の活動内容を把握し、その支援団体を応援するために寄付するものと考えた方がよい。

「寄付金」と「寄附金」、「義援金」と「義捐金」の漢字表記の違いは、下記の通りである。
「寄付金」と「寄附金」の意味に違いはなく、一般には「寄付金」が多く使われ、法令や公用文では「寄附金」が使われる。
「義援金」は、本来「義捐金」と書くが、「捐」の字が常用漢字ではないため、新聞などでは「支援」の意味から代用して「義援金」と表記される。
「捐」には「捨てる」の意味があるため、「義捐金」よりも「義援金」の方が好ましいとも言われるが、「義捐金」でいう「捨てる」は、「私財を出して(捨てて)人を助ける」という意味である。
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
義援金(ぎえんきん)の類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. 夕暮れの夕焼け画像
    夕焼けと夕暮れの違いは、気象現象と時間帯の違いである。 夕焼けは、日没の頃、地平線に近い西の空…
  2. 総理の画像
    日本の行政権の長を表す正式な呼称は「内閣総理大臣」。 「総理」や「総理大臣」は、「内閣総理大臣」の…
  3. 賞味期限や消費期限を確認して買う画像
    食品衛生法やJAS法(日本農林規格法)などの規定により、加工食品の多くに「賞味期限」か「消費期限」の…
  1. うんざりする画像
    煩わしい・面倒・厄介は、手間がかかったり神経を使ったりして、気が重くなる様子を意味する点では共通し、…
  2. カリスマ理容師のいる床屋の画像
    床屋は男性が行くところでシャンプーは前かがみ、美容室は女性が行くところでシャンプーは仰向けといったイ…
  3. 目の錯覚画像
    幻覚は、対象となるものが実際はないのに、あるように知覚すること。 多くの場合、「幻覚が見える」など…
  4. 人と水の性質画像
    性格とは、人や犬・猫などの高等動物にみられる特有の感情や意思の傾向のこと。 また、事物にきわだって…
  5. 問題に頭を抱える画像
    問題と課題の違いは、「解答を求める問い」か「課する(課せられる)テーマ」かの違い。 試験問題や数学…
ページ上部へ戻る