「寂しい」と「淋しい」の違い

さびしい画像

「寂しい」と「淋しい」は、意味によって使い分けが必要と思われていることもあるが、「寂しい」と「淋しい」の意味に違いはなく、人それぞれが持つ漢字のイメージによるところなので、意味によって使い分けをしたとしても、相手に使い分けた意味まで伝わるとは限らない。

読みの「さみしい」は「さびしい」が音変化したもので違いはなく、「寂しい」も「淋しい」も共に「さびしい」「さみしい」と読む。

「寂しい」と「淋しい」の決定的な違いは、常用漢字か表外漢字の違い。
「寂」の字は常用漢字、「淋」の字は表外漢字である。

そのため、公用文・教科書・新聞などでは、常用漢字の「寂しい」が使われ、「淋しい」は使われないという違いはあるが、「淋しい」も古くから使われている表記で、現在も一般社会ではよく使われている。
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
寂しい・淋しいの意味・語源・由来 – 語源由来辞典
寂しい(さびしい)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
淋しい(さびしい)の類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. 認可する画像
    許可は願いを許すこと、認可は認めて許可することで、意味として大きな違いはないが、行政が与える許可や認…
  2. インターネットでわかる画像
    わかるの漢字には「分かる」「解る」「判る」があるが、常用漢字表に従えば「分かる」が正しく、「解る」と…
  3. 砂糖の画像
    日本で「砂糖」と言えば「上白糖」を指し、消費の半分以上を占めているが、上白糖を使用するのはほぼ日本の…
  1. ガベルと手錠の画像
    刑事事件で特定された被疑者の身柄を強制的に拘束・留置する逮捕には、「通常逮捕」「緊急逮捕」「現行犯逮…
  2. 気仙沼の鮨智の寿司画像
    すしの漢字には「寿司」と「鮨」と「鮓」がある。 最も古い表記は「鮓」で、元々は塩や糟などに漬け…
  3. 紹興酒の甕画像
    日本の中華料理店では、紹興酒を頼んでも老酒(ラオチュウ)を頼んでも、紹興酒が出てくることが多いが、老…
  4. 迎春の画像
    年賀状の冒頭に用いられる賀詞には、「賀正」「迎春」「謹賀新年」「恭賀新年」などがある。 その他にも…
  5. 恋愛の画像
    恋は自分本位で、愛は相手本位。 恋は一時的で、愛は永遠。 恋はときめきで、愛は信頼。 恋は心配…
ページ上部へ戻る