「容疑者」と「被疑者」と「被告人」と「犯人」の違い

容疑者逮捕の瞬間画像

ニュースなどの報道では、警察から犯罪の疑いをかけられた人を「容疑者」という。
これを司法手続きや法令用語では「被疑者」といい、警察などの公的機関では「容疑者」と呼ばず「被疑者」と呼ぶ。
逮捕されていなくても嫌疑を受けた時点で「被疑者」となるが、指名手配を除き、逮捕されていない段階でマスコミが「容疑者」と呼ぶことは少ない。

テレビや新聞で「容疑者」という呼称が使われ始めたのは1989年以降で、それ以前は被疑者を実名で呼び捨てにすることが多かった。
呼び捨てにすることは犯人扱いしているのに等しいという考えから、「〇〇容疑者」と名前の後に「容疑者」を付けるようになったのである。
マスコミが法令用語の「被疑者」ではなく「容疑者」を使う理由は、「被疑者」と「被害者」の発音が似ており、間違いを避けるためといわれる。

法令用語では「被疑者」、マスコミ用語では「容疑者」という区別も、実は正しくない。
基本的に法令上は「被疑者」を用いるが、出入国管理及び難民認定法違反の疑いで調査される外国人を指す際は、「容疑者」の呼称が用いられる。

「被疑者(容疑者)」と呼ばれるのは、嫌疑を受け、逮捕され、取り調べを受けている間で、犯罪の嫌疑が十分であるとして、検察から刑事訴訟で起訴された段階で「被告人」となる。
マスコミでは「被告人」を「被告」と呼ぶこともあるが、「被告」は民事訴訟や行政事件訴訟で訴えられた者のことで、刑事訴訟では「被告人」である。

犯人は、罪を犯した犯罪者のこと。
被疑者(容疑者)や被告人の段階では、有罪が確定していないため犯人ではない。
しかし、呼び捨てにしなくなったものの、マスコミの報道では「容疑者=犯人」のような扱いをしているため、無罪判決が下った被告人が社会的な不利益を被ることもある。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「逮捕」と「検挙」と「摘発」の違い
「自首」と「出頭」の違い
「通常逮捕」と「緊急逮捕」と「現行犯逮捕」の違い
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
容疑者(ようぎしゃ)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
犯人(はんにん)の類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. ドラゴンボートの画像
    共同と協同と協働は、複数の人や団体が事にあたるという意味で共通し、どの表記を用いても良い場合もあるが…
  2. 磁器の花瓶画像
    陶器と磁器を総称して、「陶磁器」「焼き物」「瀬戸物」「唐津物」などと呼ばれるが、陶器と磁器では製造方…
  3. 蛇口の画像
    「ひねる」と「ねじる」と「よじる」は、回すという点では同じだが、回す方向や強さ、回数などに違いがある…
  1. カラフルな羽根の画像
    鳥類学では「羽」と「羽根」を使い分けておらず、全て「羽」と表記するが、一般には「羽」と「羽根」の表記…
  2. 炒り卵の画像
    スクランブルエッグを「洋風炒り卵」とも呼ぶように、スクランブルエッグは炒り卵の一種であるが別の食べ物…
  3. 探す人の画像
    探すは、「職を探す」「宝物を探す」「新居を探す」「人のあらを探す」など、欲しいもの、目にしたいものを…
  4. 冷麦・素麺の画像
    本来、ひやむぎ(冷麦)とそうめん(素麺)は、製法が違うものである。 うどんを細く切ったものを「切り…
  5. 生かさず活かすプリザーブドフラワー画像
    生かすは、死にかけたものを行き返らせる、生命を保たせる、死なないようにするなど、生命に関することを表…
ページ上部へ戻る