電気量販店の画像

定価は、あらかじめ決められた販売価格のことで、原則として値上げや値下げは認められていない。

希望小売価格(メーカー希望小売価格)は、商品のメーカーなどが小売業者に対し、「この値段で販売して欲しい」という希望で付けられた価格。
定価のような拘束力はなく、実際の販売価格は小売業者の裁量で決められる。

オープン価格(オープンプライス)は、出荷価格だけをメーカーが決め、販売価格については小売業者が自由に設定できるものである。

かつては、あらゆる商品に「定価」の文字があったが、メーカーや卸業者が出荷先に販売価格を拘束する行為は、独占禁止法によって一部例外を除いて禁止されており、定価は販売価格の拘束と受け取れるため、「希望小売価格」や「参考小売価格(参考価格)」「標準小売価格」の表示が多くなった。
定価表示を例外として認められているのは、「再販売価格維持制度(再販制度)」で価格の維持が認められている、書籍・雑誌・新聞・レコード・音楽用テープ・音楽用CDといった著作物や、国の許認可で販売されるタバコである。

「希望小売価格」の次に登場したのが「オープン価格」。
1980年代中頃から家電量販店などによる値下げ競争が激化し、「希望小売価格」が有名無実化したことが「オープン価格」の契機といわれる。

「希望小売価格5万円の50%OFF」と表示しているが、半額の2万5千円が相場であった場合、他より安い訳でもないのに、消費者は激安販売されているよう錯覚させられる。
このような二重価格表示問題が起きたことから、公正取引委員会が「15%以上の値引きが市場の2/3以上で、20%以上の値引きが市場の1/2以上で行われている場合は二重価格」という基準を設けた。
その基準に抵触しないため、メーカーはモデルチェンジで値崩れしやすい旧モデルに「オープン価格」を採用したが、「希望小売価格」が設定されている商品に関しては、値引き率の強調表示続いたため、多くの家電製品に「オープン価格」が採用されるようになった。

現在では家電以外のメーカーでも、「オープン価格」を採用するところが増えてきている。

関連記事

  1. 怪しい入口の画像
    怪しい・疑わしい・訝しい(いぶかしい)・いかがわしいは、正体がよくわからず何か変だと感じるようすを表…
  2. ダイナマイト爆弾の画像
    爆弾とは、爆発させて殺傷・破壊するための爆薬を装填した兵器。 爆弾には、核爆弾(原子爆弾・水素爆弾…
  3. 梅雨に咲くあじさいの画像
    梅雨は、6月から7月頃に降り続く長雨。また、その雨期のこと。 日本では、北海道と小笠原諸島を除く地…
  1. 口紅の画像
    口紅は、唇に塗る化粧品で、日本で最も一般的な表現である。 名前の通り、色は紅色が中心であるが、現在…
  2. 零戦の画像
    数字「0」の読みには「ゼロ」と「れい」がある。 ゼロは、インドで生まれた概念がヨーロッパに伝わり、…
  3. 戦場から帰る兵士の画像
    第一次世界大戦が始まってから最初のクリスマスとなった1914年12月25日、敵対していたドイツ軍とイ…
  4. 方言の画像
    訛りは方言を特徴づける要素のひとつなので、「訛り」を「方言」と言っても間違いではいが、それ以外の方言…
  5. 悪臭を消す画像
    芳香とは良い香り・アロマのことで、芳香剤は良い香りを放つ効果のある薬剤。 消臭とは不快な臭いを消す…
ページ上部へ戻る