「夫婦」と「夫妻」の違い

おしどり夫婦の画像

夫婦も夫妻も、夫と妻、婚姻関係にある男女のことで、意味に違いはないが使い方に違いがある。

夫婦は自分たちにも他人にも使うが、夫妻は他人に対してのみ使う。
そのため、「私たち夫婦」とは言うが、「私たち夫妻」とは言わない。

他人に対しては夫婦も夫妻も使えるが、夫妻は夫婦よりも改まった言い方であるため、上司や先生など敬意を払わなければいけない相手には、「〇〇(ご)夫妻」と「夫妻」を使ったほうがよい。

「夫婦喧嘩」を「夫妻喧嘩」、「夫婦別姓」を「夫妻別姓」、「仮面夫婦」を「仮面夫妻」、「似た者夫婦」を「似た者夫妻」などと言わないように、他の単語と合わさってひとつの名詞となっている言葉の場合は、敬意を払う必要のある相手のことであっても「夫妻」は使わない。

「弟夫婦」など親族、「友達夫婦」など対等な相手、「犯人夫婦」など敬意を払う必要がない相手には、「夫婦」を用いるのが一般的である。
ただし、対等な相手であっても、普段から上品な言葉を使っている場合や、相手と一線を引いた関係にある場合などは「夫妻」が使われる。

その他、「夫婦というものは」というように、一般論として婚姻関係にある男女のことを話す場合は、「夫妻」ではなく「夫婦」が使われる。

関連記事

  1. ATMの画像
    ATMを日本語では「現金自動預け払い機」、CD(キャッシュディスペンサー)」は「現金自動支払い機」と…
  2. ダイビングの画像
    スキューバダイビングとは、圧縮空気を詰めたボンベと、水深に応じて供給空気量を自動調節する弁の付いた送…
  3. 砂漠に老婆の画像
    砂丘は砂漠の中で盛り上がったところを指すと思っている人もいるが、必ずしも砂丘が砂漠にある訳ではなく、…
  1. 素足から裸足になる画像
    裸足(跣)と素足の違いは、履物を履くか履かないかの違いである。 裸足は、何も履いていない足や、履物…
  2. 除夜の鐘の画像
    晦日とは、月の最後の日のこと。 読みには、「みそか」「つごもり」「かいじつ」がある。 みそかは、…
  3. バナナを舐める女性の画像
    芭蕉もバナナも、バショウ科バショウ属に分類される大型多年草。 バナナは熱帯性のため、本州の露地では…
  4. 体を絞る画像
    しぼるの漢字には「絞る」と「搾る」があるが、それぞれの漢字が表す意味から使い分けされる。 「絞…
  5. 宇宙の始まり画像
    初めは、時間的に早い段階、最初、一番目などの意味の時。 英語でいえば「first」で、文法的には、…
ページ上部へ戻る