「基準」と「標準」と「水準」の違い

標準体重の画像

基準・標準・水準の意味は、物事の判断・評価・比較のよりどころとなるものという点では共通するが、置き換えて使えるとは限らない。

基準は物事の基礎となるよりどころのことで、「建築基準」「設置基準」のように、守るべきもの、満たさなければならないものという意味を含む場合は、「基準」が使われる。

「標準的な生活」「標準サイズ」のように、「平均的」「一般的」「代表的」といった意味を含む場合は、「標準」が使われる。

水準は物事の価値や質、機能などの一定の標準のこと。
「生活水準」「世界一の水準」というように、どのレベルに位置するかを評価する場合には、「水準」が使われる。

関連記事

  1. アメ横の商品画像
    商品は、商売の品物の意味で、売るため品物・販売を目的とした品物のこと。 製品は、製造された品物の意…
  2. 同棲中のカップル画像
    同居とは、同じ家に住むこと。 親族や恋人関係に限らず使う言葉だが、友達同士や他人同士が同じ家に住む…
  3. オペラ劇場の画像
    オペラは「歌劇」と訳されるように、セリフの大部分が独唱・重唱・合唱によって演じられる。 伴奏は、管…
  1. ヴァンパイアの画像
    吸血鬼は、人の生き血を吸うと伝えられる怪物のことで、英語では「Vampire(ヴァンパイア・バンパイ…
  2. 目標火薬田ドンの画像
    目的と目標は、目指すものという意味では同じだが、目的は、最終的に実現しよう、成し遂げよう、到達しよう…
  3. カフェいいね画像
    「ほめる」の漢字には、「褒める」と「誉める」がある。 「褒める」は常用漢字で、「誉める」は常用漢字…
  4. ダイビングの画像
    スキューバダイビングとは、圧縮空気を詰めたボンベと、水深に応じて供給空気量を自動調節する弁の付いた送…
  5. 署名する画像
    署名と記名とサインは、自分の氏名を書くという意味ではどれも同じだが、区別して用いる場合は、全く同じ意…
ページ上部へ戻る