「土偶(どぐう)」と「埴輪(はにわ)」の違い

はにわの画像

土偶と埴輪は、どちらも古い時代の土製の焼き物だが、作られた時代や使用目的が異なり、関係性もない。

土偶は縄文時代に作られた土製品で、最古の土偶は三重県から出土した縄文時代草創期のものである。
土偶には人物や動物をかたどったものがあるが、特に、乳房や臀部を強調した女性像が多い。
また、完全な姿形をした土偶は非常に少なく、手や足などの体の一部が故意に破壊されたと見られる状態で出土することが多いため、出産や豊穣、悪魔払いなどの呪術的な用途で使用されたとみられている。

埴輪は古墳時代に作られた土製品で、円筒埴輪と形象埴輪があり、形象埴輪には巫女・貴人・武人などの人物埴輪、馬・鶏・猪・犬などの動物埴輪、盾・靫(ゆぎ)・鎧などの器財埴輪、住居などの家をかたどった家形埴輪がある。
埴輪は古墳の周囲や上に並べられるもので、当初は、古墳に葬られる人物の生前の権威を示したり、その死者の霊に対する捧げもののであったが、5世紀以降は、葬儀の様子を表したものになっていったといわれる。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「遺跡」と「史跡」の違い
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
埴輪の意味・語源・由来 – 語源由来辞典
土偶(どぐう)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
埴輪(はにわ)の類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. 声楽家の画像
    歌手といえば、日本では歌謡曲の歌手のイメージが強いが、オペラ歌手・声楽家も含み、歌を歌うことを職業に…
  2. 積雪画像
    「降雪量(降雪の深さ)」と「積雪量(積雪の深さ)」は、どちらも降り積もった雪の量を表すが、降雪は「雪…
  3. 口紅の画像
    口紅は、唇に塗る化粧品で、日本で最も一般的な表現である。 名前の通り、色は紅色が中心であるが、現在…
  1. 目の錯覚画像
    幻覚は、対象となるものが実際はないのに、あるように知覚すること。 多くの場合、「幻覚が見える」など…
  2. 妊婦の体の画像
    母体は、産前から産後までを含めた母親の体のこと。 「母体の健康」や「母体の安全」という時の「母体」…
  3. 節分の赤鬼と青鬼画像
    節分には、鬼に豆をぶつける「豆まき」の行事が行われる。 鬼の色は、赤色や青色が一般的だが、他に、黄…
  4. 富士山から見る初日の出画像
    ご来光は、高山で望む荘厳な日の出のこと。 初日の出は、元日の日の出のこと。 日の出が話題にな…
  5. おざなりな画像
    「おざなり」と「なおざり」は、「いい加減に対処する」という意味では同じであるが、使う場面が違ってくる…
ページ上部へ戻る