「口紅」と「グロス」と「ルージュ」と「リップ」の違い

口紅の画像

口紅は、唇に塗る化粧品で、日本で最も一般的な表現である。
名前の通り、色は紅色が中心であるが、現在は様々な色の口紅が販売されている。
口紅のメリットは、発色の良さと色味の豊富さであるが、落ちにくい、単独で使用すると唇がかさつくなどのデメリットもある。

グロス(Gloss)は、「リップグロス(Lip gloss)」の略で、グロスは「艶」や「光沢」を意味する。
唇に艶を出すために用いるもので、透明や半透明のものが多い。
グロスのメリットは、塗りすぎなければ自然な感じに艶を出せたり、プルプルした質感を出せることだが、発色がない、落ちやすく持ちが悪い、塗りすぎるとテカテカして下品に見えるといったデメリットがある。

口紅とグロスは用途が異なるため、グロスを塗った上から口紅を塗るなど、両方使うことも多い。
また、口紅の発色とグロスの艶の両方を兼ね備えたものには、リキッドタイプのリキッドルージュがある。

ルージュ(Rouge)は、英語ではなくフランス語で「赤色」を意味する。
口紅をフランス語では、「ルージュ・ア・レーブル(Rouge à lèvres)」といい、「lèvres」は「唇」を指す。
日本では「口紅」と「ルージュ」とが全く同じ意味で用いられ、紅色以外の色でも「口紅」と呼ぶように、赤以外の色でも「ルージュ」と呼ぶ。

リップ(Lip)は、英語で「唇」のことだが、日本では主に「リップクリーム」の略として使われている。
英語で口紅は「リップスティック(Lipstick)」だが、日本で「リップスティック」と言っても、普通は「リップクリーム」のことを指す。
ただし、「リップクリーム」という言葉自体が和製英語なので、英語圏で言うならば「リップバーム(Lip balm)」である。
リップクリームは、主に唇の乾燥を防ぐために塗る軟膏で、口紅を塗る際の下地としても使われる。
色付きリップも存在するが、乾燥を防ぐことが主な目的として作られているため、口紅ほどの発色はない。

関連記事

  1. 婚姻届の画像
    戸籍は本籍地の市町村に置かれるもので、各人の本籍地・氏名・生年月日・父母・続柄・配偶者・子・養子縁組…
  2. 富士山麓に茶畑画像
    日本茶(緑茶)の中で、最もよく飲まれているのが煎茶である。 煎茶は、新芽を摘んで蒸して揉み、乾燥し…
  3. 人と水の性質画像
    性格とは、人や犬・猫などの高等動物にみられる特有の感情や意思の傾向のこと。 また、事物にきわだって…
  1. 酒を飲む画像
    液体には「飲む」、固体には「呑む」といわれることもあるが、飲むと呑むの使い分けは、そこまで単純ではな…
  2. 不倫現場画像
    浮気も不倫も、パートナーがありながら、他の異性にひかれ関係をもつことをいい、厳密な意味の違いはないが…
  3. パフェの画像
    パフェは背の高いグラスに入れられ、サンデーは平たい皿に入れられると言われるが、平たい皿に盛られたパフ…
  4. 富嶽三十六景富士山画像
    国名「日本」の読み方には、「ニホン」と「ニッポン」がある。 昭和9年に正式な呼称を「ニッポン」とす…
  5. X JAPANライブ画像
    「コンサート(CONCERT)」と「ライブ(LIVE)」と「ギグ(GIG)」に明確な境界線はない。 …
ページ上部へ戻る