「口紅」と「グロス」と「ルージュ」と「リップ」の違い

口紅の画像

口紅は、唇に塗る化粧品で、日本で最も一般的な表現である。
名前の通り、色は紅色が中心であるが、現在は様々な色の口紅が販売されている。
口紅のメリットは、発色の良さと色味の豊富さであるが、落ちにくい、単独で使用すると唇がかさつくなどのデメリットもある。

グロス(Gloss)は、「リップグロス(Lip gloss)」の略で、グロスは「艶」や「光沢」を意味する。
唇に艶を出すために用いるもので、透明や半透明のものが多い。
グロスのメリットは、塗りすぎなければ自然な感じに艶を出せたり、プルプルした質感を出せることだが、発色がない、落ちやすく持ちが悪い、塗りすぎるとテカテカして下品に見えるといったデメリットがある。

口紅とグロスは用途が異なるため、グロスを塗った上から口紅を塗るなど、両方使うことも多い。
また、口紅の発色とグロスの艶の両方を兼ね備えたものには、リキッドタイプのリキッドルージュがある。

ルージュ(Rouge)は、英語ではなくフランス語で「赤色」を意味する。
口紅をフランス語では、「ルージュ・ア・レーブル(Rouge à lèvres)」といい、「lèvres」は「唇」を指す。
日本では「口紅」と「ルージュ」とが全く同じ意味で用いられ、紅色以外の色でも「口紅」と呼ぶように、赤以外の色でも「ルージュ」と呼ぶ。

リップ(Lip)は、英語で「唇」のことだが、日本では主に「リップクリーム」の略として使われている。
英語で口紅は「リップスティック(Lipstick)」だが、日本で「リップスティック」と言っても、普通は「リップクリーム」のことを指す。
ただし、「リップクリーム」という言葉自体が和製英語なので、英語圏で言うならば「リップバーム(Lip balm)」である。
リップクリームは、主に唇の乾燥を防ぐために塗る軟膏で、口紅を塗る際の下地としても使われる。
色付きリップも存在するが、乾燥を防ぐことが主な目的として作られているため、口紅ほどの発色はない。
スポンサーリンク

関連記事

  1. 事故現場の画像
    ニュースでよく耳にする「重体」「重傷」「軽傷」は、治療を要する日数や症状の重さによる違いがある。 …
  2. 津波で流された家の画像
    洪水・土砂災害・津波・大規模火災・原子力災害など、災害に関する避難情報には、危険度の低い順から、避難…
  3. 永い時間働く人の画像
    ながいの漢字「長い」と「永い」の使い分けは、まず、時間のことなのか、時間以外のことなのかで分けられる…
  1. うだるような暑さの画像
    一日の最高気温がセ氏25度以上の日を「夏日」、30度以上の日を「真夏日」、35度以上の日を「猛暑日」…
  2. 悲しくて泣く赤ちゃん画像
    悲しいと哀しいに明確な使い分けはないが、公用文などでは「悲しい」と表記し、「哀しい」は用いられない。…
  3. 児童が使う古い教室の画像
    一般の会話で、児童と生徒と学生が厳密に区別されることは少ないが、法律では区別されている。 学校…
  4. イヌワシの画像
    鷹(タカ)と鷲(ワシ)と鳶(トビ・トンビ)は、全てタカ目タカ科の鳥で、見分け方が難しい。 一般…
  5. 測量する画像
    標高も海抜も、平均海面を基準とした土地の高さのこと。 主に、標高は山や土地の高さなど、地形を表す際…
ページ上部へ戻る