「医薬品」と「医薬部外品」と「化粧品」の違い

薬用ハンドクリームの画像

薬事法では、薬や化粧品を「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の3種類に分類・定義している。

医薬品は、厚生労働省によって配合されている有効成分の効能・効果が認められており、病気や怪我の治療、予防を目的としたもので、いわゆる「薬」のこと。
医薬品には、医師の指示で処方される「医療用医薬品」と、薬局・薬店などで販売される「一般用医薬品」がある。

医薬部外品は、医薬品に準ずるもののこと。
厚生労働省によって効能・効果が認められた有効成分が一定の濃度で配合されているが、効き目は緩やかで、医薬品のように必ず効果が現れるというものではなく、効果が期待できるレベルのものが医薬部外品である。
病気や怪我の治療というより、予防や衛生を主な目的としている。
医薬部外品は医薬品のような副作用のリスクを伴わないため、コンビニやスーパーなどの一般小売店でも販売が可能である。
「薬用」や「薬用化粧品」と書かれた「栄養ドリンク」「育毛剤」「薬用シャンプー」「薬用歯磨き」などは、化粧品ではなく医薬部外品に含まれる。

化粧品は、身体を清潔する、美化する、魅力を増す、健やかに保つといった目的のもののこと。
医薬部外品よりも、さらに効果・効能は緩やかになる。
以前は個々の商品について、厚生労働大臣の許認可が必要であったが、2001年の規制緩和によって、メーカーの判断で自由に開発できるようになった。
ただし、含有できない成分は厳しく定められており、医薬部外品では認められている効果・効能の表現もできない。
また、全使用成分の表示も義務付けられるようになった。
口紅やファンデーションといった、いわゆる「化粧品」のほか、「スキンケア用品」「石鹸」「シャンプー」「リンス」「歯磨き」なども化粧品に含まれる。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「薬局」と「薬店」と「ドラッグストア」の違い
「毒薬」と「劇薬」と「毒物」と「劇物」の違い
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
化粧品(けしょうひん)の類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. 怖い墓地の画像
    怖いと恐いは、ともに、悪い結果が予想され、不安である、近寄りたくない、身がすくむ。また、不思議な力が…
  2. マグロの解体ショー画像
    マグロの胴体部分の肉は、大きく「トロ」と「赤身」に分けられる。 トロは赤身に対して脂肪の多い部分で…
  3. 素足から裸足になる画像
    裸足(跣)と素足の違いは、履物を履くか履かないかの違いである。 裸足は、何も履いていない足や、履物…
  1. 怪しい入口の画像
    怪しい・疑わしい・訝しい(いぶかしい)・いかがわしいは、正体がよくわからず何か変だと感じるようすを表…
  2. 認可する画像
    許可は願いを許すこと、認可は認めて許可することで、意味として大きな違いはないが、行政が与える許可や認…
  3. アメ横の商品画像
    商品は、商売の品物の意味で、売るため品物・販売を目的とした品物のこと。 製品は、製造された品物の意…
  4. 土の画像
    土は、岩石が分解して粗い粉状になったもの。 生物の死骸や、腐植物、微生物なども含んでいう。 …
  5. 投機の画像
    将来の利益を見込んで株や不動産などに資金を投下することを「投資」や「投機」という。 リスクの低いも…
ページ上部へ戻る