「児童」と「生徒」と「学生」の違い

児童が使う古い教室の画像

一般の会話で、児童と生徒と学生が厳密に区別されることは少ないが、法律では区別されている。

学校教育法では、初等教育を受けている者(小学校・特別支援学校の小学部に在籍する者)を「児童」といい、小学生は「児童」。
中等教育を受けている者(中学校・高等学校に在籍する者)を「生徒」といい、中学生・高校生などは「生徒」。
高等教育を受けている者(大学・高等専門学校に在籍する者)を「学生」といい、短大生・大学生・大学院生・高専生などは「学生」である。

その他、専修学校・各種学校に通う専門学校生(専門学生)などは「生徒」といい、就学前教育の段階にある幼稚園児や保育園児は「幼児」という。

学校教育法以外の法律では、児童の定義が異なる。
児童福祉法、児童虐待防止法、児童買春・児童ポルノ禁止法、児童の権利に関する条約では、満18歳に満たない者。
道路交通法では、6歳以上13歳未満の者。
児童扶養手当法では、満18歳に達してから最初の3月31日を過ぎるまでの者を「児童」という。

学生証・学生服・学割(学生割引)などは、大学生に限らず、中学生や高校生にも用いられる。
言葉の意味としては、児童は子供、生徒は学校で教育を受ける者、学生は学業を修める者のことをいい、言葉の意味と法律上の定義は異なるため、法律と関係のない場面で使用する際は、学校・課程に合わせて、児童・学生・生徒を使い分ける必要がある訳ではない。

関連記事

  1. 恋愛の画像
    恋は自分本位で、愛は相手本位。 恋は一時的で、愛は永遠。 恋はときめきで、愛は信頼。 恋は心配…
  2. 孤独な通夜の画像
    通夜は、死者を葬る前に親族・知人などが遺体のそばで過ごし、供養したり、別れを惜しんだりすること。 …
  3. インターネットでわかる画像
    わかるの漢字には「分かる」「解る」「判る」があるが、常用漢字表に従えば「分かる」が正しく、「解る」と…
  1. 部下に指示する画像
    指示と指図は、物事のやり方、仕事の段取りなどを言いつけ、人を動かすことで、意味としては同じだが、ニュ…
  2. 富嶽三十六景富士山画像
    国名「日本」の読み方には、「ニホン」と「ニッポン」がある。 昭和9年に正式な呼称を「ニッポン」とす…
  3. 人が分かれる画像
    分かれると別れるは、共に「わかれる」と読み、「離れる」という意味においては同じで語源も同じだが、わか…
  4. 口紅の画像
    口紅は、唇に塗る化粧品で、日本で最も一般的な表現である。 名前の通り、色は紅色が中心であるが、現在…
  5. 砂・土を掘る犬の画像
    砂は、細かく砕けた岩石の粒で、地質学では粒径2mm以下、16分の1mm以上のものをいう。 サンゴや…
ページ上部へ戻る