「俳句」と「川柳」の違い

俳句を詠む人の画像

俳句と川柳は、共に五・七・五の十七音を定型とした短詩で、江戸時代に連歌から分岐し、娯楽性・遊戯性を高めた俳諧連歌から生まれたものである。

俳句と川柳の違いとして、季語、切れ字、文語・口語といった形式の違いが挙げられる。
俳句には季語が必要だが、川柳に季語は必要ない。
俳句には「や」「かな」「けり」などの切れ字が必要だが、川柳に切れ字は必要ない。
俳句は主に文語表現を用い、川柳は主に口語表現が用いられる。
ただし、上記は基本的な形式の違いで、俳句の中には定型や季題にとらわれず、切れ字や文語で表現しない自由律俳句・無季俳句もある。

俳句と川柳では内容も異なり、俳句は四季や自然の描写を通し、心象などを表現する。
川柳は世相や風俗、歴史、人事などを面白おかしく指摘したり、風刺的に描写するのが特徴である。
そのため、同じ情景から生まれた作品でも、表現される内容に違いが出てくる。

このような違いは、俳句と川柳の成り立ちの違いによるものである。
俳句は、俳諧の発句(第一句)が独立したものであるため、発句に必要な季語や切れ字が重要となる。
川柳は、俳諧連歌の付け句が独立したものである。
付け句は、下の句(七・七)をお題にし、それに合う気の利いた付け句(五・七・五)を考えるという遊びだが、下の句がなくても面白おかしく作れることに気づき生まれのが川柳であるため、社会風刺などが題材とされる。
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
川柳の意味・語源・由来 – 語源由来辞典
俳句(はいく)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
川柳(せんりゅう)の類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. 戦場から帰る兵士の画像
    第一次世界大戦が始まってから最初のクリスマスとなった1914年12月25日、敵対していたドイツ軍とイ…
  2. 存在を見つける画像
    有るは、「財産が有る」「貫禄が有る」「有りがち」など、「持っている」「備わる」「含まれる」といった「…
  3. 香典袋の画像
    通夜や葬儀の香典は不祝儀袋に包んで供えるが、不祝儀袋の表書きは、仏式・神式・キリスト教式など、故人の…
  1. 絶対にできる画像
    絶対と絶体は、全く意味の異なる言葉。 「ぜったいぜつめい」は「絶体絶命」としか表記しないが、「絶体…
  2. 干支の動物画像
    今年の干支を言う際、2106年であれば「申年(さるどし)」、2017年であれば「酉年(とりどし)」と…
  3. 竹を食べるパンダの画像
    竹も笹もイネ科タケ亜科に属する植物で、一般には、大型のものを「竹」、小型のものを「笹」と呼ぶ。 竹…
  4. 大漁の画像
    大漁も豊漁も、魚が大量に捕れることを意味するが、どの時点での漁獲量かによって使い分けがある。 …
  5. 肛門クリニックの画像
    医療法で医療機関は、病院と診療所に分けられる。 医院やクリニックは、医療機関の施設に付けられる呼称…
ページ上部へ戻る