「主催」と「協賛」と「協力」と「後援」の違い

手を取り合う画像

コンサートやスポーツ大会、美術展、学会などのイベントのポスターなどに明記されている、主催・協賛・協力・後援。
主催以外の協賛・協力・後援に明確な定義はないが、多くの場合、援助の仕方によって使い分けられている。

主催は、イベント開催の中心となって企画・運営を行う人物や団体・機関のことで、協賛・協力・後援などの援助者とは大きく異なる。
主催が複数になる場合は、共催や共同主催という。
また、主催に運営を委託され管理を行う者は、主管と呼ばれる。
主催はイベントの中心となることから、事故の発生時などにはその責任が問われる。

協賛は、催し物の趣旨に賛同し、協力することで、興行においての協賛は、いわゆるスポンサーのことをいう。
金銭的援助を中心に、人的・物的・サービス等の提供も行われる。
協賛の中でも、ほとんどの費用を拠出する者は「特別協賛」と呼ばれ、企業名や商品名などを冠した冠イベントとなることもある。

協力は、目的に向けて力を合わせること。
興行においての協力は、資金の拠出をすることもあるが、あってもそれほど多額ではなく、資金面よりも、物品や場所の提供など、イベントを進行する上で特定の役割を受け持つ。
協賛と同じく、中でも一番の協力者を「特別協力」と呼ぶことがある。

後援は、物事が円滑に進むよう、後ろ盾となる個人や団体のこと。
興行においての後援は、公共機関や新聞社など、公共性の高い団体が主で、そのイベントに箔を付けたり、社会的信用を得るための単なる名義貸しである。
金銭的な援助をすることは少なく、公的資金を援助している場合は「助成」とされる。
報道機関が後援の場合は、広報活動の援助も行われる。
協賛や協力と同じく、中でも一番援助を行う者を「特別後援」と呼ぶことがある。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「共同」と「協同」と「協働」の違い
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
主催(しゅさい)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
協力(きょうりょく)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
後援(こうえん)の類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. 知識と知恵と見識を備えた学者の画像
    知識は、ある物事について知っていること。また、その内容。 学習や実験から得られた、誰もが事実として…
  2. 神室町商店heat店主誕生日会画像
    生誕と誕生は、どちらも「生まれること」を表す言葉であるが、使われる対象や場面に違いがある。 誕…
  3. クレパス画像
    クレヨンとは、パラフィンや蝋などと顔料を練り合わせた棒状の画材のこと。 クレヨンは硬質なため線描に…
  1. 解答用紙の画像
    回答とは、質問や要求・要望に答えることや、その答え。 解答とは、問題を解いて答えを出すことや、その…
  2. スケッチする女性の画像
    デッサンは、フランス語の「dessin」から。日本語では「素描」と訳される。 鉛筆や木炭・コンテな…
  3. 隣の家の画像
    横とは、水平方向、左右の方向のこと。 位置関係を表した言葉で、縦や斜めではないことを表す。 「横…
  4. さびしい画像
    「寂しい」と「淋しい」は、意味によって使い分けが必要と思われていることもあるが、「寂しい」と「淋しい…
  5. 保育器に入る未熟児の画像
    未熟児は、早産などで身体機能の発育が未熟のまま出生した子のこと。 一般には、体重が2,500グラム…
ページ上部へ戻る