「下駄」と「草履」と「雪駄」と「わらじ」の違い

畳表草履の画像

下駄は、木製の台に3つの穴を開け、鼻緒をすげた履物の総称。
台部に2本の歯がついたものが多いが、台部に歯を造作しないぽっくりや、土踏まずの辺りだけをくり抜いた右近などもあり、必ず下駄に歯があるとは限らない。

草履は、歯がなく、底が平らで、鼻緒をすげた履物。
昔は、藁や竹皮などを編んだものであったが、現代では、合皮・革・布・ビニール・コルク・ゴムなどでも作られ、種類が多い。

雪駄は、竹皮草履(畳表)の裏に革を張り付けたもので、千利休の創意したものと伝えられる。
のちに、水気が染み透らないよう、かかと部分に金具が付けられ、金物の音をカチカチと鳴らして歩くのが粋といわれた。

雪駄は草履の一種であるため、雪駄を草履と呼んでも間違いではないが、草履が雪駄であるとは限らない。
草履と雪駄の違いは、表と裏の間に挟まれる「重ね芯」の枚数で、雪駄は重ね芯が1の3(つま先部分1枚、かかと部分3枚)以下のものである。
また、雪駄の多くは、底のかかと部分に金具が付いているため、重ね芯の枚数と金具の有無で草履と雪駄が区別される。

わらじ(草鞋)は、藁で足型に編んだ履物で、藁草履と混同されることも多いが、形状や使用目的が異なるものである。
草履は、サンダルのような形状で鼻緒が付いているだけなので、長距離の歩行には適していない。
わらじは、つま先にある2本の藁緒を、左右の縁にある「乳(ち)」と呼ばれる小さな輪や、かかとから出る「かえし」と呼ばれる長い輪に通し、足首を縛り付けて固定できる形状となっており、長距離歩行に使用された履物である。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「ミュール」と「サンダル」と「パンプス」の違い
「着物」と「浴衣」の違い
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
下駄の意味・語源・由来 – 語源由来辞典
草履の意味・語源・由来 – 語源由来辞典
雪駄の意味・語源・由来 – 語源由来辞典
下駄(げた)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
草履(ぞうり)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
雪駄(せった)の類語・同義語 – 類語同義語辞典
わらじの類語・同義語 – 類語同義語辞典
下駄のことわざ・慣用句 – 故事ことわざ辞典
草鞋のことわざ・慣用句 – 故事ことわざ辞典

関連記事

  1. 薬用ハンドクリームの画像
    薬事法では、薬や化粧品を「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」の3種類に分類・定義している。 医薬…
  2. 手を繋ぎたがる同級生の画像
    同級生は、同じ学級の生徒、クラスメートのことをいう。 本来は、同じ学校で同学年の生徒であっても、ク…
  3. 目の錯覚画像
    幻覚は、対象となるものが実際はないのに、あるように知覚すること。 多くの場合、「幻覚が見える」など…
  1. カフェラテの画像
    カフェオレ(カフェ・オ・レ)はフランス語から、カフェラテ(カフェ・ラテ)はイタリア語からで、どちらも…
  2. 紹興酒の甕画像
    日本の中華料理店では、紹興酒を頼んでも老酒(ラオチュウ)を頼んでも、紹興酒が出てくることが多いが、老…
  3. 砂糖の画像
    日本で「砂糖」と言えば「上白糖」を指し、消費の半分以上を占めているが、上白糖を使用するのはほぼ日本の…
  4. 利息を数える画像
    金銭などの貸借の対価として、一定の割合で支払われる金銭を「利子」や「利息」といい、これらの意味に違い…
  5. ざるそばの画像
    江戸時代、蕎麦はつゆにつけて食べる「そばきり(蕎麦切り)」が一般的であった。 江戸中期に入ると、最…
ページ上部へ戻る