「ファスナー」と「ジッパー」と「チャック」の違い

ジッパーの画像

「ファスナー」も「ジッパー」も「チャック」も全て同じ物を指し、違うのはその呼称が使用される国と起源である。

「ファスナー(fastener)」は「留める物」を意味する名詞で、ネジやボルトの類もファスナーである。
日本でいうファスナーの正式名称は、「スライドファスナー(滑り式留金具の意)」といい、日本でファスナーを区別する際には、スライド式のものを「線ファスナー」、ネジやボルト類を「点ファスナー」、マジックテープの類を「面ファスナー」と呼ぶ。
スライドファスナーは、1891年にアメリカのW・ジャドソンが考案し、1893年にユニバーサルファスナー社によって生産が開始された。

「ジッパー(Zipper)」は、1921年にアメリカのグッドリッチ社がファスナーを販売する際に商標登録した商品名で、弾丸の飛ぶ音や、布を裂く音を表す「zip」という擬音語から名付けられた。
アメリカでは「ジップファスナー(Zip fastener)」とも呼ばれ、ジッパーやジップファスナーは、アメリカを中心に世界で広く使用される。
「ジッパー」は登録商標ではなくなったため、現在では一般名称となっている。

チャックは、1927年に尾道で製造販売された「チャック印」という商標登録名で、「巾着」をもじった造語である。
チャック印のファスナーは、丈夫で壊れにくいものであったことから、ファスナー(ジッパー)の代名詞となった。
ただし、その名が広まったのは日本国内のみで、日本以外の国で「チャック」と言っても通じない。
「チャック」も登録商標ではなくなったため、現在では一般名称となっている。

日本のチャックのように、別の呼称を使う国は他にもあり、中国・台湾・香港などでは「ラーリェン」、ドイツでは「ライスフェアシュルース」、イタリアでは「キウズーレ・ランポ」、フランスでは「フェルメチュール・ア・グリシェール」、中米諸国では「シェレス・レランパゴス」や「シェレス・デ・クレマレラス」と呼ばれている。
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
ファスナーの類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. エッセイストの画像
    コラムとは、新聞や雑誌などの短評欄。また、囲み記事のこと。 コラムは「円柱」を意味するラテン語に由…
  2. ジッパーの画像
    「ファスナー」も「ジッパー」も「チャック」も全て同じ物を指し、違うのはその呼称が使用される国と起源で…
  3. 黒沢健一コンサート画像
    コンサートもリサイタルも、人前で歌や演奏を披露することは同じであるが、大きな違いは人数である。 …
  1. 夏の風物詩ラムネの画像
    ラムネは、レモン水を意味する英語「レモネード(lemonade)」がなまったもので、炭酸水にレモンや…
  2. 和牛仙台牛の画像
    和牛は品種、国産牛は産地を表しており、和牛と国産牛は同じではない。 日本で販売されている牛肉は…
  3. シャベルとスコップの画像
    JIS規格では、上部が平らで足をかけて押せるものを「ショベル(シャベルと同じ)」、上部がな曲線状で足…
  4. Tシャツの画像
    カットソーは「カット&ソーイング(Cut&Sewn)」の略で、生地を裁断して縫い合わせたものを表す。…
  5. 畳表草履の画像
    下駄は、木製の台に3つの穴を開け、鼻緒をすげた履物の総称。 台部に2本の歯がついたものが多いが、台…
ページ上部へ戻る