「ピーマン」と「パプリカ」の違い

ピーマンとパプリカは、どちらもナス科トウガラシ属である。
植物学では、それよりも細かく、明確な分類・定義がされておらず、非常に曖昧なものである。

イメージとしては、パプリカは「カラーピーマン」とも呼ばれるように、赤色や黄色・オレンジなどカラフルで、ピーマンは緑色一色。
ピーマンは小さく、苦味があるもので、パプリカは大き、甘みがあるものなどと分けられる。

しかし、ピーマンより小さいパプリカ、パプリカより大きいピーマンもある。
一般的に「ピーマン」と呼ばれるものが緑色なのは、食用に完熟前のものが収穫されるためで、熟すと赤色になる。
赤色や黄色のピーマンもあり、赤ピーマンなどはパプリカのように甘く、緑色のパプリカもあるため、これらの違いで区別することはできない。

ピーマンとパプリカを区別する方法は、果肉の厚さと形の違いぐらいしかない。
果肉が薄くて細長いものがピーマン、果肉が厚くてリンゴの形に近いものがパプリカである。

ピーマンとパプリカは、栄養素も基本的には同じで、ビタミンCやカロテンを多く含むが、含有量はパプリカの方が圧倒的に多く、栄養価が高い。
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
ピーマンの意味・語源・由来 – 語源由来辞典
ピーマンの類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. セミナー風景の画像
    セミナーは、少人数を対象に、特定のテーマについて開催される講演会や発表会・討論会。 ゼミナールは、…
  2. 人が分かれる画像
    分かれると別れるは、共に「わかれる」と読み、「離れる」という意味においては同じで語源も同じだが、わか…
  3. ジャンクションの画像
    「変わる」「代わる」「替わる」「換わる」の使い分け方は、熟語に置き換えて考えると分かりやすい。 …
  1. 砂漠に老婆の画像
    砂丘は砂漠の中で盛り上がったところを指すと思っている人もいるが、必ずしも砂丘が砂漠にある訳ではなく、…
  2. 胸を強調するタンクトップ姿の女性の画像
    ノースリーブは、「sleeve(袖)」が「no(ない)」という意味から作られた和製英語で、英語では「…
  3. ヒラメの画像
    昔から、「左ヒラメに右カレイ」と言われる。 眼を上に向けて置いた時、頭が左向きになるのが「ヒラメ(…
  4. 友情出演・特別出演の画像
    映画やテレビドラマのエンドロールで、「友情出演」や「特別出演」という文字が書かれていることがある。 …
  5. 高画質テレビの画像
    液晶テレビは、液晶が碁盤の目に並んだパネルを、バックライトと光の三原色であるR(赤)G(緑)B(青)…
ページ上部へ戻る