「ヒラメ」と「カレイ」の違い

ヒラメの画像

昔から、「左ヒラメに右カレイ」と言われる。
眼を上に向けて置いた時、頭が左向きになるのが「ヒラメ(平目・鮃)」、右向きになるのが「カレイ(鰈)」という意味である。
日本で見られるヒラメやカレイの多くは、この「左ヒラメに右カレイ」で見分けることが出来るが、海外では左に眼がついたカレイも多い。
ボウズガレイは眼の位置が決まっておらず、左と右が同じ頻度で出現し、日本でも、マヌガレイは左に眼がついているため、「左ヒラメに右カレイ」の見分け方は決定的ではない。

一般的にヒラメの成魚は体長80cm前後、カレイは40cm前後で、「ヒラメはカレイよりも大きい」と言われる。
しかし、カレイの仲間のオヒョウは大きなもので体長2m以上、体重200kg以上になり、カンゾウヒラメは体長25cm前後で、大きさによる見分け方も決定的ではない。

ヒラメとカレイの決定的な違いは、口の大きさと形である。
ヒラメは、小魚やエビなどを食べるため、アゴがしっかりしていて、歯は鋭く尖り、口が大きく裂けていて、獰猛な顔をしている。
カレイは、砂の中にいるゴカイやイソメ類を主食としているため、歯や口は小さく、おちょぼ口に見える。
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
ヒラメの意味・語源・由来 – 語源由来辞典
カレイの意味・語源・由来 – 語源由来辞典
ヒラメの類語・同義語 – 類語同義語辞典
カレイの類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. レバニラ炒めの画像
    レバニラ炒めとは、牛や豚のレバーを、ニラやショウガなどと炒め、塩・醤油・コショウなどで味つけした中華…
  2. 長崎原爆のキノコ雲画像
    人類史上、実戦で核兵器が使用されたのは、1945年8月6日に広島へ投下された原子爆弾(以下、「原爆」…
  3. 森林の画像
    農林水産省の定義では、自然にできた樹木の密集地を「森」、人工的に作られた樹木の密集地を「林」としてい…
  1. 油の画像
    油は「氵(さんずい)」が付いているように液体で、植物性・鉱物性のあぶらを表す。 脂は「月(にくづき…
  2. 樽の画像
    樽は、酒・醤油などを入れ、保存・運搬に使用される、蓋が閉じられた容器。 桶は、風桶や寿司桶など、蓋…
  3. 香典袋の画像
    通夜や葬儀の香典は不祝儀袋に包んで供えるが、不祝儀袋の表書きは、仏式・神式・キリスト教式など、故人の…
  4. 考えるゴリラの画像
    「問題の答えを考える」とは言っても「問題の答えを思う」とは言わないように、考えるは筋道を立てて知的に…
  5. 砂・土を掘る犬の画像
    砂は、細かく砕けた岩石の粒で、地質学では粒径2mm以下、16分の1mm以上のものをいう。 サンゴや…
ページ上部へ戻る