「バレンシアオレンジ」と「ネーブルオレンジ」の違い

オレンジの画像

オレンジを大きく分けると、スイートオレンジ、サワーオレンジ、マンダリンオレンジに分類され、日本で単に「オレンジ」と言った時は、スイートオレンジを指す。
スイートオレンジの主な種類に、バレンシアオレンジ、ネーブルオレンジ、ブラッドオレンジ(タロッコオレンジ・モロオレンジ)があり、中でも特に流通の多い種がバレンシアオレンジ、次いでネーブルオレンジである。

バレンシアは、カリフォルニア産3~7月、南アフリカ産が8~10月に輸入され、春から秋にかけて多く出回る。
ネーブルは、アメリカ産が11~4月に多く輸入され、国産は2~3月頃に出荷されるため、秋から春にかけて多く出回る。

バレンシアは、酸味が強くジューシーで、絞った果汁の劣化が遅く、加熱しても味が変わりにくいため、生食に限らず、ジュースや加工品にも適している。
ネーブルは、甘みが多く香り豊かで、実に付いている袋(じょうのう膜)が薄く、種もないため、そのまま食べるのには適しているが、絞った果汁を長時間置いておくと苦味が出る。

バレンシアとネーブルの見分け方は、へたと反対側の果頂部にある。
バレンシアは普通のみかんと同じように茶色い点になっているが、ネーブルはへそ(臍)のような形をした出っ張りがある。
ネーブルの語源も、「へそ」を意味する英語「navel」からである。

ちなみに、バレンシアオレンジは、その名からスペインのバレンシア地方原産と思われがちだが、スペインにこの種はなく、原産はアメリカ合衆国カリフォルニア州のサンタアナである。
バレンシアの名が付く正確な理由は分かっていないが、バレンシア地方で栽培されていたオレンジに似ていたからといわれる。
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
ネーブルの意味・語源・由来 – 語源由来辞典
ネーブルの類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. ジョギングの画像
    ウォーキングとジョギングとランニングは、まず「歩く」と「走る」に分けられる。 ウォーキングは、左右…
  2. 富士山から見る初日の出画像
    ご来光は、高山で望む荘厳な日の出のこと。 初日の出は、元日の日の出のこと。 日の出が話題にな…
  3. 懲役を科せられた人の画像
    懲役・禁錮(禁固)・拘留は、受刑者の身体を刑事施設に拘置する自由刑にあたる。 懲役は、金属製品…
  1. 砂・土を掘る犬の画像
    砂は、細かく砕けた岩石の粒で、地質学では粒径2mm以下、16分の1mm以上のものをいう。 サンゴや…
  2. ヒョウモントカゲモドキの画像
    イモリは、カエルやサンショウウオなどと同じ両生類で、おもに水中を中心に生息し、陸上生活も行う。 前…
  3. スカイダイビングの画像
    ドキドキ(どきどき)は、心臓の鼓動が激しくなる様子を形容した語。 運動・興奮・不安・恐怖・期待など…
  4. 浴衣姿の女性画像
    着物は「着る物」と書くように、元々は、体に着るものの総称である。 日本に洋服が入ってきたことによっ…
  5. トレッキングの画像
    登山とトレッキングとハイキングは、それぞれに目的が異なるため、要する時間や道具も異なる。 登山…
ページ上部へ戻る