「ノースリーブ」と「タンクトップ」と「ランニングシャツ」の違い

胸を強調するタンクトップ姿の女性の画像

ノースリーブは、「sleeve(袖)」が「no(ない)」という意味から作られた和製英語で、英語では「sleeveless(スリーブレス)」という。
袖のないトップスであればノースリーブになるため、襟付き・襟なしといった、袖部分以外のデザインは関係なく、タンクトップやランニングシャツもノースリーブの一種である。
一般には、もともと袖のあるデザインのトップスから袖部分を取り除いたものをいうが、もともと袖のないデザインのトップスもいい、上着・下着といった区別もないため、ノースリーブの指す範囲は広い。

タンクトップは、タンク(プールの意)で着用する水着「タンクスーツ」のトップ(上部)に似ていることから付けられた名。
首まわりと腕まわりが大きく露出したものが多いが、女性用の上着では、首まわりが詰まったデザインのタンクトップもある。

ランニングシャツは和製英語で、競走・競技用のシャツや、それと同じ型の男性用下着をいう。
普通、袖なしで襟ぐりの深いシャツを指すが、運動着としてのランニングシャツの中には、袖ありのランニングシャツも存在する。

上着としていう場合、タンクトップもランニングシャツも、女性用・男性用を問わず使われる呼称だが、タンクトップはファッション的な服の意味で使われ、ランニングシャツは運動着を指すことが多い。

下着としていう場合、女性用は「タンクトップ」、男性用は「ランニングシャツ」と呼び分けられる。
ただし、ランニングシャツは「おじさんが着る肌着」というイメージもあり、男性用の下着でも、デザインを重視したものは「タンクトップ」、肌着としての機能を重視したものは「ランニングシャツ」と呼び分けられることもある。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「Tシャツ」と「カットソー」の違い
「下着」と「肌着」と「ランジェリー」の違い
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
タンクトップの意味・語源・由来 – 語源由来辞典
ノースリーブの類語・同義語 – 類語同義語辞典
タンクトップの類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. 梅雨に咲くあじさいの画像
    梅雨は、6月から7月頃に降り続く長雨。また、その雨期のこと。 日本では、北海道と小笠原諸島を除く地…
  2. スパークリングワインを注ぐ画像
    スパークリングワインは、炭酸ガスを多量に含んだ発泡性のワインのこと。 非発泡性ワインは、スティルワ…
  3. 認可する画像
    許可は願いを許すこと、認可は認めて許可することで、意味として大きな違いはないが、行政が与える許可や認…
  1. 顔面の怪我の画像
    皮膚のみの比較的小さな損傷を「傷」と言い、骨や筋肉に達する比較的大きな損傷を「怪我」と言うなど、傷と…
  2. マナティーの画像
    海牛目(かいぎゅうもく)もしくはジュゴン目に分類される海生哺乳動物は、ジュゴン科とマナティー科の2科…
  3. 代表取締役社長の画像
    会社のトップは「代表取締役社長」のことが多が、「代表取締役」と「社長」は異なる定義による呼称で、「代…
  4. 偽オスカー授与の画像
    アカデミー賞は、アメリカ映画芸術科学アカデミーが、年一回、最も優秀な映画作品・俳優・監督などに与える…
  5. 高熱を出した子供の画像
    風邪は、鼻やのど、気管支など、呼吸器系の粘膜に炎症を起こす症状の総称。 主に、ウイルスの感染によっ…
ページ上部へ戻る