「ノースリーブ」と「タンクトップ」と「ランニングシャツ」の違い

胸を強調するタンクトップ姿の女性の画像

ノースリーブは、「sleeve(袖)」が「no(ない)」という意味から作られた和製英語で、英語では「sleeveless(スリーブレス)」という。
袖のないトップスであればノースリーブになるため、襟付き・襟なしといった、袖部分以外のデザインは関係なく、タンクトップやランニングシャツもノースリーブの一種である。
一般には、もともと袖のあるデザインのトップスから袖部分を取り除いたものをいうが、もともと袖のないデザインのトップスもいい、上着・下着といった区別もないため、ノースリーブの指す範囲は広い。

タンクトップは、タンク(プールの意)で着用する水着「タンクスーツ」のトップ(上部)に似ていることから付けられた名。
首まわりと腕まわりが大きく露出したものが多いが、女性用の上着では、首まわりが詰まったデザインのタンクトップもある。

ランニングシャツは和製英語で、競走・競技用のシャツや、それと同じ型の男性用下着をいう。
普通、袖なしで襟ぐりの深いシャツを指すが、運動着としてのランニングシャツの中には、袖ありのランニングシャツも存在する。

上着としていう場合、タンクトップもランニングシャツも、女性用・男性用を問わず使われる呼称だが、タンクトップはファッション的な服の意味で使われ、ランニングシャツは運動着を指すことが多い。

下着としていう場合、女性用は「タンクトップ」、男性用は「ランニングシャツ」と呼び分けられる。
ただし、ランニングシャツは「おじさんが着る肌着」というイメージもあり、男性用の下着でも、デザインを重視したものは「タンクトップ」、肌着としての機能を重視したものは「ランニングシャツ」と呼び分けられることもある。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「Tシャツ」と「カットソー」の違い
「下着」と「肌着」と「ランジェリー」の違い
スポンサーリンク
【オールガイドリンク】
タンクトップの意味・語源・由来 – 語源由来辞典
ノースリーブの類語・同義語 – 類語同義語辞典
タンクトップの類語・同義語 – 類語同義語辞典

関連記事

  1. 水に飛び込む画像
    経験も体験も、実際に見聞きしたり、やったりするなど、何事かに直接ぶつかることをいう。 経験は、…
  2. 都会のホームレス画像
    「住めば都」と「住まば都」は、響きは似ているが全く意味の違う言葉である。 住めば都は、どんな不…
  3. 崖を飛び越える画像
    越えるは、物の上や障害、境界などを通り過ぎて向こうへ行くことや、時を経過することを表す際に用いる。 …
  1. 畳表草履の画像
    下駄は、木製の台に3つの穴を開け、鼻緒をすげた履物の総称。 台部に2本の歯がついたものが多いが、台…
  2. 胸を強調するタンクトップ姿の女性の画像
    ノースリーブは、「sleeve(袖)」が「no(ない)」という意味から作られた和製英語で、英語では「…
  3. 刺身の盛り合わせ画像
    刺身は、魚・貝・肉などを生のまま薄く切り、醤油やわさびなどをつけて食べる料理。 元々は、「切り身」…
  4. フランベで顔まで焼く画像
    本来、焼くは火を食品に直接当てて加熱することを意味した。 最も原始的な加熱調理法であるため、火を通…
  5. 異常な行動の画像
    異常とは、正常でないこと、通常でないことであり、反対語は「正常」。 異状は、普段とは違った状態、つ…
ページ上部へ戻る