「トリ」と「大トリ」の違い

トリのステージ画像

トリは、寄席で最後に出演する人をいう寄席用語。
語源は「取り」で、最後の演者がギャラをまとめて受け取り、出演する芸人達に分配することから生まれた言葉である。
現在では、ギャラの受け取りに関係なく、最後の演者をいい、寄席以外でも用いられている。

大トリも最後の出演者を意味するが、最後の出演者が二組以上いる際に使われる言葉で、寄席では使われない。
NHKの紅白歌合戦では、紅組で最後となる出演者と白組で最後となる出演者がいるため、紅白のそれぞれにトリが存在する。
そのどちらか一方が、番組としての最後の出演者で、最後の中でも最後になることから、「大」を冠して「大トリ」と呼ぶようになった。
紅白以外で「大トリ」が使われるものには、数日間行われるフェスなどがあり、各日の最後の出演者は「トリ」、最終日の最後の出演者は「大トリ」となる。

2013年の紅白歌合戦では、「究極の大トリ」という言葉も生まれた。
2013年は、北島三郎が史上最多50回目の出演を誇り、2013年で紅白を引退することを表明した年。
その北島三郎が、紅組と白組の枠を超えたトリとして、紅白双方のトリが歌い終えた後に最後を飾ることから作られた、特別な表現である。

関連記事

  1. カフェいいね画像
    「ほめる」の漢字には、「褒める」と「誉める」がある。 「褒める」は常用漢字で、「誉める」は常用漢字…
  2. 公演前の画像
    上演は、主に演劇を舞台で演じることに用いられるが、公演は、演劇以外にも広いジャンルで用いられ、音楽コ…
  3. 霧の中のジョギング画像
    霧(きり)と靄(もや)は、大気中の水蒸気が微小な水滴がとなって浮遊し、視界が悪くなる現象をいい、霞(…
  1. たまごの画像
    卵も玉子も、共に「たまご」と読む。 使い分けに明確な基準はないが、一般的に、生物学上では「卵」と…
  2. はかる画像
    計ると測ると量るは、いずれも「はかる」と読み、「計測」「計量」「測量」という熟語もあるように、計器な…
  3. 寝るアシカの画像
    アシカとアザラシとセイウチは、いずれもヒレのような脚を持っていることから「鰭脚類(鰭脚目)」に分類さ…
  4. 土の画像
    土は、岩石が分解して粗い粉状になったもの。 生物の死骸や、腐植物、微生物なども含んでいう。 …
  5. 冷麦・素麺の画像
    本来、ひやむぎ(冷麦)とそうめん(素麺)は、製法が違うものである。 うどんを細く切ったものを「切り…
ページ上部へ戻る