「ジュゴン」と「マナティー」の違い

マナティーの画像

海牛目(かいぎゅうもく)もしくはジュゴン目に分類される海生哺乳動物は、ジュゴン科とマナティー科の2科に分かれる。
両者は一見すると似ているが、見分け方はそれほど難しくない。

ジュゴンとマナティーの違いを一目で見分ける方法は、尾びれの形を見るこである。
ジュゴンの尾びれはイルカのように三角形で、マナティーの尾びれは丸みを帯び、うちわに似た形をしている。

その他、ジュゴンとマナティーを見分けるポイントは、下記のように何点かある。

ジュゴンは海底に生える海草を食べるため、口が下向きになっているが、マナティーは海面に浮く水草を食べるため、ジュゴンほど口は下向きになっていない。

ジュゴンに爪はないが、マナティーには爪がある。
マナティーは象と同じ先祖から進化したといわれ、爪があるのはその名残りと考えられている。

ジュゴンもマナティーも、水中生活に適応するため前肢がヒレになっているが、長さや肘の有無に違いがある。
ジュゴンの上腕は体内にあるため、ヒレは短く肘もないが、マナティーのヒレは長く肘がある。

少し分かりづらいが、ジュゴンの皮膚は滑らかなのに対し、マナティーの皮膚は硬くてザラザラしている。
また、マナティーは、皮膚に苔が生えていたり、フジツボが付着しているものも多い。

ジュゴンには牙があり、マナティーには牙がない。
ただし、ジュゴンの牙は歯肉に埋もれているため、牙によってジュゴンとマナティーを見分けることは難しい。

ジュゴンとマナティーは生息地にも違いがあり、ジュゴンは紅海・インド洋からオーストラリア北部に至る浅海に生息し、日本では沖縄に生息する。
マナティーは、大西洋沿岸や周辺の河川や河口、湖などに生息する。
スポンサーリンク
【あわせて読みたい】
「アシカ」と「アザラシ」と「セイウチ」の違い
スポンサーリンク

関連記事

  1. 存在を見つける画像
    有るは、「財産が有る」「貫禄が有る」「有りがち」など、「持っている」「備わる」「含まれる」といった「…
  2. カフェラテの画像
    カフェオレ(カフェ・オ・レ)はフランス語から、カフェラテ(カフェ・ラテ)はイタリア語からで、どちらも…
  3. 教室の画像
    専修学校は、小中高校・大学・高等専門学校(高専)・盲学校・聾学校・養護学校・幼稚園など、学校教育法第…
  1. 砂糖の画像
    日本で「砂糖」と言えば「上白糖」を指し、消費の半分以上を占めているが、上白糖を使用するのはほぼ日本の…
  2. クレパス画像
    クレヨンとは、パラフィンや蝋などと顔料を練り合わせた棒状の画材のこと。 クレヨンは硬質なため線描に…
  3. 香典袋の画像
    通夜や葬儀の香典は不祝儀袋に包んで供えるが、不祝儀袋の表書きは、仏式・神式・キリスト教式など、故人の…
  4. 校正の画像
    校正と校閲は、文章などの誤りを直し正すことだが、それぞれ作業のポイントとなる点は異なる。 校正…
  5. お辞儀の画像
    お辞儀は、親愛の気持ちや敬意を表す時に頭を下げて挨拶することで、人間関係を構築する上で基本中の基本と…
ページ上部へ戻る