「ジャージ」と「スウェット」と「トレーナー」の違い

ジャージの男女画像

ジャージとは、伸縮性のある厚手のメリヤス編みの生地のこと。また、その生地で作られた衣類製品。本来は、「ジャージー」という。
ジャージは、耐久性・伸縮性があり、軽くて動きやすいことから、トレーニングウェアに多く使われるため、特に、ジャージ製のトレーニングウェアを指して「ジャージ」と呼ぶことが多い。

ジャージは、スポーツに適した生地であるが、メリヤスが厚いため汗を吸い取りにくいというデメリットがある。
その欠点を補うために開発されたのが「スウェット」で、裏地がパイル地か起毛した綿ジャージとなっており、汗の吸収性が高い。
スウェットも綿ジャージの一種で、本来は生地を指す言葉だが、生地を指す場合は「スウェット生地」や「スウェット素材」と呼び、単に「スウェット」という場合は、スウェット素材で作られた衣類。特に、「スウェットシャツ」のことを指す。
スウェット素材のズボンは「スウェットパンツ」と呼び、シャツとパンツの上下セットは「スウェットスーツ」と呼ぶ。

トレーナーは、「スウェットシャツ」を指す和製英語で、日本のみの表現。
VAN(ヴァンヂャケット)の創業者である石津謙介氏が、「トレーニングシャツ」「トレーニングウェア」から名付けた。
スウェットとトレーナーは基本的に同じものだが、トレーナーは肩や腕を動かしやすくしたラグランスリーブを採用し、袖口・衿まわり・裾などがゴム編みやリブ編みで、伸縮性を持たせているものが多い。

関連記事

  1. ドラゴンボートの画像
    共同と協同と協働は、複数の人や団体が事にあたるという意味で共通し、どの表記を用いても良い場合もあるが…
  2. 日本の美意識わびさびの画像
    わびとさびは、日本独特の美意識を表す言葉で、「わびさび」とひと言で言うことも多いが、本来は異なる概念…
  3. 下を見つめず空を眺める画像
    見るは、視覚によって認識することを広く意味する言葉で、前後の表現によって「見つめる」「眺める」の意味…
  1. 砂漠に老婆の画像
    砂丘は砂漠の中で盛り上がったところを指すと思っている人もいるが、必ずしも砂丘が砂漠にある訳ではなく、…
  2. ダンカン馬鹿野郎たけしの画像
    バカ(馬鹿)とアホ・アホウ(阿呆)は、共に「愚かなこと」「愚かな人」を表す言葉で、主に、関東では「バ…
  3. 保育器に入る未熟児の画像
    未熟児は、早産などで身体機能の発育が未熟のまま出生した子のこと。 一般には、体重が2,500グラム…
  4. ストールの画像
    マフラー(muffler)とは、防寒用の細長い長方形の襟巻きのこと。 防寒用のため、毛糸などを編ん…
  5. 由布院金鱗湖の画像
    大分県の温泉地で有名な「ゆふいん」の漢字表記には、「湯布院」と「由布院」がある。 温泉を指すのであ…
ページ上部へ戻る