「イモリ」と「ヤモリ」と「トカゲ」と「カナヘビ」の違い

ヒョウモントカゲモドキの画像

イモリは、カエルやサンショウウオなどと同じ両生類で、おもに水中を中心に生息し、陸上生活も行う。
前肢の指は4本、後肢の指は5本で、水中を泳ぐため、尾はヒレ状になっている。
背面が黒く、腹面が赤色に黒い斑点があるのが特徴で、フグと同じテトロドトキシンという毒を持っているため、腹の色は他の動物に毒を持っていることを知らせる警戒色といわれる。
動きは概して遅く鈍い。

トカゲ(トカゲ科)は外敵から身を守るため、自ら尻尾を切り再生させる機能を持つことで知られるが、イモリはそれに加えて、骨まで完全に再生する機能を持ち、再生能力の面ではイモリの方が優れている。

ヤモリ・トカゲ・カナヘビは爬虫類で、陸上に生息する。
ヤモリもカナヘビもトカゲの一種であるため、トカゲに関しては他と区別するため「ニホントカゲ」のこととする。

ヤモリは、民家やその周辺に生息する。
前後ともに肢の指は5本で、指先に無数の毛が生えており、これが吸盤の役目をして壁や天井などに張り付くことができる。
日本で「ヤモリ」と呼ばれる「ニホンヤモリ」は、背面が灰色や褐色で、全身に鱗が散在する。

トカゲは、草原や山地などの日当たりのよい場所に多く生息する。
褐色で縦縞が入っており、見た目や触った時の感触はツルツルしている。
目の上に骨があり、そこが張り出して大きく膨らんでいる。

カナヘビは、平地や丘陵地帯の草原や川原に多く生息する。
灰褐色で腹面は黄白色もしくは白色で、側面に帯状の斑紋があり、感触はザラザラしている。
関東地方では、カナヘビを指して「トカゲ」と呼ぶことが多い。

関連記事

  1. フランベで顔まで焼く画像
    本来、焼くは火を食品に直接当てて加熱することを意味した。 最も原始的な加熱調理法であるため、火を通…
  2. 餃子の王さまの看板画像
    「餃子の王将」と「大阪王将」と「餃子の王さま」は、餃子を看板メニューにする中華料理店で、名前も似てい…
  3. 意志を貫く石の画像
    意思も意志も、ドイツ語で「~したい」を意味する助動詞「whollen」を名詞化した「wille」の訳…
  1. 保育器に入る未熟児の画像
    未熟児は、早産などで身体機能の発育が未熟のまま出生した子のこと。 一般には、体重が2,500グラム…
  2. 妊婦の体の画像
    母体は、産前から産後までを含めた母親の体のこと。 「母体の健康」や「母体の安全」という時の「母体」…
  3. 気仙沼の鮨智の寿司画像
    すしの漢字には「寿司」と「鮨」と「鮓」がある。 最も古い表記は「鮓」で、元々は塩や糟などに漬け…
  4. 刺身の盛り合わせ画像
    刺身は、魚・貝・肉などを生のまま薄く切り、醤油やわさびなどをつけて食べる料理。 元々は、「切り身」…
  5. マグロの解体ショー画像
    マグロの胴体部分の肉は、大きく「トロ」と「赤身」に分けられる。 トロは赤身に対して脂肪の多い部分で…
ページ上部へ戻る